東医史 -100年の軌跡-

本学は、今から100年近く前の大正5年(1916)5月、日本医学専門学校(現 日本医科大学)の学生が学校側と対立し、約450名が同盟退学したことをきっかけに、理想とする学問の場を自分たちの手で実現させようと新校設立運動を開始しました。幾多の困難を乗り越え、同年9月、東京物理学校(現 東京理科大学)の教室を借りて東京医学講習所が設立されました。
大正7年(1918)には、長く官界にあった高橋琢也先生が全私財を投じ、全国を奔走して佐藤進氏、森林太郎(鷗外)氏、
原敬氏、犬養毅氏、高橋是清氏、大隈重信氏、渋沢栄一氏など医学界、政界、財界の有志から多大な支援を受け、東京医学専門学校が設立されました。昭和21年(1946)、東京医科大学に昇格し、現在に至っています。
本学では、学校の設立と運営に心血を注いだ高橋琢也先生を「学祖」として、今も尊敬の念と親愛の情をもって語られています。

1916年(大正5年)
1942年(昭和17年)
1967年(昭和42年)
2014年(平成4年)
1992年(平成26年)

1916年(大正5年)

5月 学生約450名が同盟退学

日本医学専門学校(現 日本医科大学)の学生約450名が同盟退学し、新校設立運動を開始

9月 東京医学講習所開設

東京物理学校内(現 東京理科大学)に、東京医学講習所を開設

1916年(大正5年)

1931年(昭和6年5月)

附属淀橋診療所開設

附属淀橋診療所(後に博済病院を統合し、淀橋病院と改称)を開設

1931年(昭和6年)

1949年(昭和24年9月)

東京医科大学霞ヶ浦病院開設

茨城県稲敷郡阿見町に附属病院を開設

1949年(昭和24年)

1955年(昭和30年1月)

学制改革による6年制医科大学の設置が認可

1975年(昭和50年4月)

東京医科大学附属霞ヶ浦高等看護学校設立

1975年(昭和50年)

1978年(昭和53年4月)

看護学校を改称

附属高等看護学校を東京医科大学看護専門学校に、附属霞ヶ浦高等看護学校を東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校に改称

1986年(昭和61年4月)

東京医科大学新病院竣工

1986年(昭和61年)

2009年(平成21年4月)

東京医科大学茨城医療センターに改称

東京医科大学霞ヶ浦病院を東京医科大学茨城医療センターに改称

2009年(平成21年)

2013年(平成25年4月)

東京医科大学医学部看護学科を設置

2013年(平成25年)

1918年(大正7年4月)

東京医学専門学校設立

長く官界にあった高橋琢也先生が学生団の懇請を受け全私財を投じ全国を奔走。医学界、政界、財界の有志から多大なる支援を受け、東京医学専門学校を設立。

1918年(大正7年)

1946年(昭和21年5月)

東京医科大学設立が認可

東京医科大学設立が認可され、附属淀橋病院を東京医科大学病院に改称

昭和21年(1946年)

1949年(昭和24年3月)

旧制大学学部開設が認可

1952年(昭和27年2月)

新制大学の設置が認可

1957年(昭和32年4月)

大学院を設置

1964年(昭和39年4月)

東京医科大学附属高等看護学校設立

昭和54年大学構内の基礎新館に移転するまで西新宿の病院敷地内にあった校舎

1964年(昭和39年)

1976年(昭和51年4月)

6年制一貫教育を実施

1980年(昭和55年4月)

東京医科大学八王子医療センター開設

東京都八王子市館町に附属病院を開設

1980年(昭和55年)

1998年(平成10年4月)

東京医科大学の英語名改称

「Tokyo Medical College」から
「Tokyo Medical University」に変更

2010年(平成22年1月)

東京医科大学医学総合研究所を設置

2013年(平成25年4月)

東京医科大学大学院医科学専攻(修士課程)を設置

2013年(平成25年7月)

東京医科大学教育研究棟(自主自学館)竣工

2013年(平成25年)