トップ >研究分野> 生体構造医学(プログラム)

情報更新日 11/08/13 (土) 15:51

生体構造医学(プログラム)

生体構造医学セミナー

第1回 平成14年8月23日(金)
「咀嚼システムの発達とその制御因子について」
(前田憲彦教授  広島大学歯学部基礎口腔医学)
第2回 平成14年8月30日(金)
「内部に隠されたものを見えるようにする―実用的な組織浸軟法とその応用例―」
(中野 隆教授  愛知医科大学解剖学第1講座)
第3回 平成15年1月16日(木)
「心臓の栄養血管(冠状動・静脈)の形態について」
(島田和幸教授 鹿児島大学歯学部口腔解剖第2講座)
第4回 平成15年1月30日(木)
「歯科医学からみた上顎洞、顎骨の話」
(高橋常男助教授 神奈川歯科大学口腔解剖学)
第5回 平成15年4月9日(水)
「生殖細胞の形成と性分化」
(吉永一也 助教授 宮崎医科大学)
第6回 平成15年8月21日(木)
「神経の再生をめぐって」
(鳥越甲順教授 東海大学医学部)
第7回 平成15年8月28日(木)
「始めにマクロファージありき―免疫学の系統発生―」
(古田恵美子先生(比較免疫学会会長)比較免疫学研究所)
第8回 平成16年1月15日(木)
「脾臓の謎」
(田中康一先生(非常勤講師)東京医科歯科大学第2病理)
第9回 平成16年1月29日(木)
「アルコールと脳発達障害」
(福井義浩教授 徳島大学医学部)
第10回 平成16年5月26日(水).
「心臓・血管系と心臓神経の形態形成―人体解剖への応用―」
(田中重徳教授 金沢大学大学院医学系研究科)
第11回 平成17年1月13日(木)
「体壁筋の局所解剖―体系化への新たな試み―」
(児玉公道教授 熊本大学医学部)
第12回 平成17年1月27日(木)
「環境物質の生体への影響」
(坂部 貢教授 北里大学大学院薬学研究科)
第13回 平成17年12月19日(月)
「雄性生殖細胞の増殖と分化」
(蓬田 健太郎教授 武庫川女子大学生活環境学部)
第14回 平成18年1月12日(木)
「ヒト血管系のパターン解析」
(早川 大輔助教授 岐阜大学医学部病態制御学)
第15回 平成18年8月22日(火)
「ライプチヒ大学解剖学教室の概要」(特に、ヒスの研究、透明標本、超薄切片)
(Dr. Hanno Steinke ライプチヒ大学解剖学教室 講師)
第16回 平成18年12月18日(月)
「人体という小宇宙」
(熊木 克治教授 新潟大学解剖)
第17回 平成19年1月10日(水)
「筋ミトコンドリア呼吸鎖酵素は環境に対応するのか?」
(佐藤 巌教授  日本歯科大学生命歯学部)
第18回 平成19年2月5日(月).
「精巣の幹細胞の増殖と分化」
(Prof. Dirk G. de Rooij  オランダ ユトレヒト大学教授)
第19回 平成19年8月27日(月)
「遺体の科学」
(遠藤 秀紀教授 京都大学霊長類研究所)
第20回 平成19年9月7日(金).
 「骨の様々な病気を克服するためにー骨の形成,とくに石灰化に関与する分子の同定とその機能についてー」
(吉子 裕二准教授 広島大学大学院医歯薬学研究科展開医科学専攻病態制御医科学講座)
第21回 平成19年10月4日(木).
「精巣間質液の流出路の形態学的解析」
(三浦 真弘先生 大分大学医学部生体分子構造機能制御講座分子構造解析分野 講師)
第22回 平成19年12月17日(月)
「SEMの最先端」
(近藤 俊三 先生 日本電子(株)電子光学機器本部 応用研究グループ技術顧問)
第23回 平成20年1月8日(火)
「クラミジア感染モデルマウスによる卵管性不妊症の病態解明」
(柴原 浩章 先生 自治医科大学附属病院生殖医学センター 教授)
第24回 平成20年8月20日(水)
「精巣の分子生物学」
(若山 友彦 先生 金沢大学大学院医学系研究科組織発達構築学 准教授)
第25回 平成21年1月9日(金)
「アポトーシス-死んで花実が咲く細胞死-」
(大槻 勝紀 先生 大阪医科大学解剖学講座 教授)
「 精子形成過程に於ける生殖細胞アポトーシス誘導機構」
(小路 武彦 先生 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻生命医科学講座組織細胞生物学分野 教授)
第26回 平成21年6月26日(金)
「Form and Anatomy, An artistic approach」
(マンフリート・ツォラーManfred Zoller先生 ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学 教授 内科医)
第27回 平成21年9月25日(火)
「骨盤の神経・血管・リンパ管・筋・膜の統合的構成」
(佐藤 健次 先生 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科生体検査科学専攻生命情報解析開発学講座)

▲ TOPへ戻る

戻る