主任教授 坪井 良治(つぼい りょうじ)

坪井 良治

経歴
広島県出身
1980年 防衛医科大学校卒業(第1期生)
1987年 順天堂大学大学院修了(皮膚科学)
1987-9年 ニュ-ヨ-ク大学医学部研究員(細胞生物学)
1990-2002年 順天堂大学医学部皮膚科 講師 助教授
2002年より現在まで 東京医科大学皮膚科学分野主任教授
2012-5年 東京医科大学常務理事(病院長兼務)
2018.12- 東京医科大学常務理事(総務・財務)

 

資格
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本褥瘡学会認定褥瘡医師、日本性感染症学会認定医、再生医療認定医

 

学会役員
日本皮膚科学会 代議員
日本研究皮膚科学会 評議員
日本医真菌学会 理事(元理事長) 認定専門医
日本褥瘡学会 理事
毛髪科学研究会 世話人(元代表世話人)
日本美容皮膚科学会 監事(元理事長)
日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員
日本皮膚免疫アレルギー学会 代議員
日本美容医療責任共済会 理事長
NPO法人「円形脱毛症の患者会」理事長

 

得意分野
【脱毛症】
円形脱毛症、男性型脱毛症、瘢痕性脱毛症など髪のトラブルと脂漏性皮膚炎など頭皮のトラブルに詳しい。円形脱毛症にはステロイド注射や局所免疫療法を推奨。
【真菌症】
爪白癬・足白癬、マラセチア関連疾患など皮膚真菌症の診断と治療に詳しい。
【皮膚潰瘍】
保存的治療や外科的治療を実践。
【アトピー性皮膚炎】
細菌(ブドウ球菌)や真菌(マラセチア)による皮疹の悪化に興味を持つ。ドライスキンや痒みと不眠の関係に注目。
【皮膚癌】
上皮系腫瘍の診断と治療
【その他】
診断の難しい疾患や全身性疾患に伴う皮膚病変の診断を得意にする。

 

その他
毛髪・爪のトラブル、スキンケア、水虫、床ずれに関する執筆多数
1999-2013年 NHKラジオ「暮らしの電話相談」皮膚科を担当

 

ひとこと
病気の原因、検査結果、治療方法、生活で気をつけることなどについて十分ご説明するようにしています。過剰診療は行いません。

 

皮膚科学分野について

皮膚科診療について

研究・業績