毛髪科学研究会 The Society for Hair Research English



代表世話人就任挨拶

東京医科大学皮膚科 坪井 良治
 毛髪科学研究会(The Society for Hair Science Research, SHSR)は毛髪および毛髪疾患の研究を推進させることを目的として1993年に設立されました。現在の会員は約100名で、皮膚科医を中心に、毛髪疾患に興味を持つ臨床医と基礎医学分野の研究者が集まって、毎年1回、総会ならびに学術集会を開催しています。
 SHSRの活動は世界の毛髪研究とも密接に関連しており、東京で小川秀興名誉顧問が開催された第1回SHSR研究会は、海外からの演者も参加した欧州、北米との大陸間毛髪会議の第1回大会(表記上は第0回)でもありました。その後、SHSR研究会は主として国内で年1回実施されています。いっぽう、国際学会は3年ごとに実施され、当初三大陸の毛髪研究会の集まりであったものが、その後参加国も増え、最近では世界毛髪会議(World Congress for Hair Research, WCHR)としてさらに発展しています。SHSR研究会と重なる年度は、国内会は行わないことにして、総会のみWCHR期間中に実施されています。日本では、WCHRは小川秀興名誉顧問を会頭として第0回と第3回が実施されていますが、2017年にはSHSRが主催研究会となって第10回WCHRが京都で開催されることが内定しています。すばらしい国際大会になるよう皆様のご協力をお願い申し上げます。
 毛髪科学研究会(SHSR)の役員は現在12名の世話人と代表世話人で構成されています。代表世話人は、初代である小川秀興名誉顧問から、2代目荒瀬誠治名誉顧問、3代目勝岡憲生名誉顧問に引き継がれ、2012年12月から坪井良治が4代目として勤めさせていただいています。勝岡憲生名誉顧問からは、若手研究者の研究意欲を高め、第10回WCHRを円滑に運営するために10名の若手実行委員の推薦をいただいています。これらの先生方を中核にして板見智副代表世話人とともに準備を進めていきたいと考えています。
  2010年に円形脱毛症と男性型脱毛症のガイドラインを発表しましたが、そろそろ改訂の時期にきていると思います。この点についても検討したいと考えています。
 SHSRがさらに発展するよう努力する所存ですので、会員各位のさらなるご協力、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。