東京医科大学 教育IRセンター

概要

東京医科大学教育IRセンターは、医学科・看護学科の教育に関する諸情報を収集・分析し、教育の向上に寄与することを目的として、2015年4月に設立されました。また、教育IRセンターの中に専門委員会が設置されており、医学科(一般教育、基礎社会医学、臨床医学)および看護学科の教員が所属し、活動しています。

教育IRセンターの目的

教育IRセンターは、教育に関する諸情報を収集、分析し、教育の向上に寄与することを目的とする。

(東京医科大学教育IRセンター規程 第2条より)

教育IRセンターの業務

教育IRセンターは、前条の目的を達成するため、次の業務を行う。
(1) 学生の成績に関するデータ収集、管理、分析及び情報提供に関すること。
(2) カリキュラムや教育活動に関するデータ収集、管理、分析及び情報提供に関すること。
(3) 卒業後のキャリアに関するデータ収集、管理、分析及び情報提供に関すること。
(4) 学長から諮問のあった事項に関すること。
(5) その他目的を達成するために必要な業務に関すること。
(東京医科大学教育IRセンター規程 第3条より)

教育IRセンター専門委員会

教育IRセンターの専門的課題に対応するため、教育IRセンター専門委員会を置く。

教育IRセンター専門委員会は、教育IRセンターの収集したデータと分析結果について審議し、必要な情報を教授会等に教育改善、学生指導のための資料として提供するものとする。
(東京医科大学教育IRセンター規程 第6条より抜粋)

センター長あいさつ

荒井 貞夫

 IR(Institutional Research)は米国の高等教育機関で1960年代に誕生したといわれ、一般に、「機関の計画立案、政策形成、意思決定を支援する情報を提供する目的で、高等教育機関の内で行われる調査研究(Saupe, 1990)」とされています。日本では近年、文部科学省や大学認証評価機関から求められている内部質保証の取り組みや、医学教育分野別認証評価︈(国際認証)における評価項目の一つである「プログラム評価(入学時から卒後まで学生と卒業生の業績を分析・評価すること)」への対応のため、IRの必要性が指摘されるようになりました。このような状況の中で、本学においても、教育IRセンターが設立されました。各種データ分析やアンケート調査を実施し、本学の教育向上に寄与できるような情報提供を進めて参りますので、皆様のご支援ご協力をお願い致します。

教育IRセンター運営体制

教育IRセンター スタッフ

センター長 :荒井 貞夫 医学科 特任教授
副センター長:井上 茂 医学科 主任教授
       小林 信 看護学科 教授
専任教員  :菰田 孝行 助教
事務職員  :河上 恵   (平成29年12月現在)

教育IRセンター 専門委員会

委員長 :荒井 貞夫 医学科 特任教授
副委員長:井上 茂 医学科 主任教授
     小林 信 看護学科 教授
委 員 :篠田 章 医学科 准教授
     R.ブルーヘルマンス 医学科 准教授
     平山 陽示 医学科 臨床教授
     大塚 康司 医学科 准教授
     成瀬 和子 看護学科 教授
     瀬戸山 陽子 看護学科 講師
     菰田 孝行 教育IRセンター 助教
事務局 :河上 恵    (平成30年1月現在)

東京医科大学 教育IRセンター

〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1 
☎03-3342-6111(内線:2643)

ページトップ