医療の質・安全管理学

miki.png

主任教授

三木 保

講師

浦松 雅史

概要

 医療の質・安全管理学分野は2009年4月1日に、当時の本学に対する社会の要請を踏まえて新規に発足いたしました。現在の2代目の三木主任教授は、2013年4月より当分野を主宰しています。

 本分野は、下図に示すような分野のコンセプトで活動しています。

img_course22_01.jpg

 臨床では東京医科大学病院の安全管理室の活動を基点として、同じ東京医科大学の冠を有する3附属病院における医療安全管理の質を向上し及び医療安全文化を醸成すること目指しています。

 教育は21世紀の医療に必要な「知識・技術・態度」あり、患者をパートナーとして位置づけた「医療安全文化」そのものと考えております。職員全員が、職場で患者安全のための業務に様々に形で関わらせる事や、包括的なカリキュラムを提供し、患者安全の教育をサポートし、従来の教育課程への組み込みを推進したいと思います。特に医学部学生教育においては、WHO医学生のための患者安全カリキュラム指針に基づく「患者安全こそ基本とすべき概念」を卒然の教育の段階で「医療の光と影」のearly exposureも行いたいと思います。研究では社会医学系分野として、医療の質と安全の向上について実践的研究を行っていきます。特に縦割り構造が問題となる本学では、大型組織における円滑な情報伝達、特に所謂「周知徹底」に関する研究が重要と考えています。また、CVライン管理システムの継続として、通常臨床における侵襲的医療行為の安全性の確保のための研修制度に関する研究やnon-technical skillsの実証的研究も行いたいと思います。 

主な研究領域(研究内容)

・医療安全

・医療の質

・リスクマネジメント

・組織管理 

大学院医学研究科について

担当科目名名称

医療安全管理学

主な業績

 

2014年

(1)三木保.

  "医療のプロフェッショナルとしての医療安全再考"小児の脳神経. 2014,38(3): 323

 

(2)三木保.

  "医療事故から学んだ手作りの医療安全:東京医科大学に医療安全文化を!"東医大誌.    2014,72(2): 113-124

 

(3)三木保.

  "医療安全文化"脳神経外科. 2014,42(5): 407-408

 

(4)土田明彦,櫻井博文,三木保,告原博美,品田雄一,藤平輝明.

  "救急医が知っておくべき地域包括ケアシステムでの高齢者の生活、制度と医療

   救急医学."2014,38(9): 1000-1005

 

(5)浦松雅史,河合健太郎,蒔田覚,岡部真勝,藤平輝明,和田淳,三木保.

  "身元不明者への医療費請求方法としての相続財産管理人の利用"東医大誌.2014,74(4):    320-323

 

(6)浦松雅史,三木保.

  "医療事故における情報開示のあり方"病院.2014,73(11): 859-863

 

(7)藤澤由和,浦松雅史.

  " 我が国における医療サービスに対する患者評価に関する検討"「経営情報イノベーショ

   ン研究」静岡県立大学・経営情報イノベーション研究科/紀要. 2014,3:53-60

 

(8)浦松雅史,三木保.

  " 特集 これからの医療安全を考える医療事故における情報開示のあり方"

   病院.2014,73:859-863

 

(9)浦松雅史,三木保.

  "医療事故における情報提示のあり方(先進的なオーストラリアに学ぶ)"

   病院.2014,73(11).

 

<特別講演・講演>2014年

・三木保. 2014.4.21

 「安全な医療への第一歩への挑戦 -たかがCVライン、されどCVライン-」

 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立循環器呼吸器病センター

 院内医療安全研修会

 

・三木保. 2014.10.6

「医療の現場に安全文化を!」

 麻生総合病院院内医療安全研修会

 

・三木保. 2014.10.11

「脳神経外科診療に医療安全文化!」

 日本脳神経外科学会第73回学術総会 

 第12回医療安全講習会 Medical Safety Course

 

・三木保. 2014.10.30

「臨床現場に医療安全文化を!」

 守谷慶友病院院内医療安全研修会

 

・三木保. 2014.10.31

「脳神経外科診療に医療安全文化!」

  中村記念病院脳研セミナー

 

・三木保. 2014.12.1

「医療現場に安全文化を!」

 戸田中央病院医療安全研修会

 

・三木保. 2014.12.7

「手作りの医療安全 ~医療事故を風化させないために~」

「医療過誤原告の会」主催・「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」共催

 シンポジウム  ~医療事故を風化させず、医療安全の向上を願って~

 

・三木保. 2014.12.13

「医療現場に安全文化を!」

 神戸市医師会学術講演会


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・浦松雅史. 2014.7.19

「医療安全と患者・家族対応の基本的知識 インフォームド・コンセント・法に関する基礎

 知識 患者の権利擁護に関する基礎的知識」

 平成26年度NPO法人「架け橋」医療対話推進者講師(札幌)

 

・浦松雅史. 2014.7.27

「介護安全」

 青年福祉施設経営研究会

 

・浦松雅史. 2014.9.13

「医療安全と患者・家族対応の基本的知識 インフォームド・コンセント・法に関する基礎

 知識 患者の権利擁護に関する基礎的知識」

 平成26年度NPO法人「架け橋」医療対話推進者講師(大阪)

 

・浦松雅史. 2014.10.3

「安全な職場作りとインシデント報告の活用」

 公立昭和病院医療安全研修会(大阪)

 

・浦松雅史. 2014.10.23

「チームの安全を支えるノンテクニカルスキル」

 横浜市立市民病院(横浜)

 

・浦松雅史. 2014.11.12

「チームの安全を支えるノンテクニカルスキル」

 札幌徳洲会病院医療安全研修会

 

・浦松雅史. 2014.12.5

「安全な職場作りとインシデント報告の活用」

 平成26年度 全国自治体病院協議会 医療安全管理者養成研修会講師




2013年

(1) 三木保.

  "CVライン事故から学んだ医療安全-東京医科大学病院CVラインセンターの

   取り組み-"臨床麻酔. 2009, Vol.33, p.1775-1784

 

(2) 三木保.

  "たかがCVライン,されどCVライン"CVラインの医療事故から学んだ医療安全"麻酔.

    2011, Vol.60,p.s25-s36

 

(3)竹村敏彦, 浦松雅史, 濱野強, 藤澤由和, 相馬孝博.

  "医療安全意識の変化に関する研究一国立大学病院における経年変化の比較"

   日本医療・病院管理学会誌. 2011, Vol.48, No.4, p.243-252

 

(4)三木保.

  "安全な中心静脈カテーテルのための医療安全体制の構築"

   日本病院総合診療医学会雑誌. 2012, Vol.3, p.33-41

 

(5)浦松雅史, 竹村敏彦, 相馬孝博.

  "剖検率低下の要因分析-病理医と臨床医の意識の比較アプローチ-"

   東京医科大学雑誌. 2012, Vol.70, No.4, p.420-429

 

(6)浦松雅史, 斉田芳久, 長尾二郎, 他.

  "手術同意書における患者押印の必要性に関する医療従事者と患者の意識調査"

   日本外科系連合学会雑誌. 2012, Vol.37, No.1, p.29-33

 

(7)三木保.

  "小児虐待における頭部外傷の重要性"医学のあゆみ.

   2013, Vol.245, p.261- 262

 

(8)青木貴哉, 浦松雅史, 相馬孝博.

  "【病院の評価-課題とこれから】The Joint Commissionの警鐘事象情報に学ぶ"

   病院. 2013, Vol.72, No.1, p.50-55

 

(9)浦松雅史, 藤澤由和, 佐藤大輔.

  "医療事故における情報提示のあり方:オーストラリアにおけるオープンディス

   クロージャーの展開と課題"経営と情報.2013, Vol.25, No.2, p.1-8

<特別講義・講演> 2013年

・三木 保. 2013.5.27

「CVラインの医療事故から学んだ医療安全」富山大学付属病院 

 医療安全推進のための講演会(富山大学付属病院臨床講義室)

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・浦松雅史. 2013.06,

「医療事故の原因と調査」静岡県立大学経営情報学部経営情報学科「公共健康政策論」 

 特別講義

 

・浦松雅史. 2013.06,

「医療事故の包括的マネジメントにおける情報開示に関する研究手法

 について」静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科 特別講義

 

・浦松雅史. 2013.03,
「外科医のためのノンテクニカルスキル(NOTSS)」
 東京大腸癌フォーラム 講演

 

主な競争的研究費

  •  

    <報告書>2014年

    ・浦松雅史, 藤澤由和, CharlesVincent, 2014.03,

     「医療事故における情報提示のあり方:オープン・ディスクロージャーに関する検討」

     『医療事故に対する医療機関内における包括的マネジメントモデルに関する研究』

      厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 

      平成25年度総括・分担報告書

     

    ・藤澤由和,浦松雅史,小松原明哲,相馬孝博,2014.03,

     「事故報告書におけるノンテクニカルスキルNTS要因の検討に関する研究」

     『外科領域におけるノンテクニカルスキルの教育訓練プログラム開発とその評価システム

      の構築に関する研究』

      厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 

      平成25年度分担研究報告書

    <報告書>2013年

    ・浦松雅史, 藤澤由和, 佐藤大輔, 2013.03,

     「医療事故における情報提示のあり方:オープン・ディスクロージャーに関する検討」

     『医療事故に対する医療機関内における包括的マネジメントモデルに関する研究』

      厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 

      平成24年度総括・分担報告書

     

    <競争的研究費>2013年

    ・科学研究費補助金(若手研究(B))

     わが国の医療現場におけるOpenDisclosureの実践を可能とする要件及び基盤の解明
    (研究代表者:浦松雅史)

     

    ・科学研究費補助金(基盤(C))

     医療分野における「非専門的技能」把握・同定のための方法論に関する研究

     (研究分担者:浦松雅史, 研究代表者:円谷彰) 

     

    ・厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)

     外科領域におけるノンテクニカルスキルの教育訓練プログラム開発とその評価

     システムの構築に関する研究 

     (研究分担者:三木保, 研究代表者:相馬孝博)