医学教育学

20%泉先生写真(グレーの洋服).jpg

教授

泉 美貴

准教授

R.ブルーヘルマンス

講師

山崎 由花

概要

当分野は、医学教育学を研究領域とし、平成20年(2008年)4月に設置されました。

カリキュラム改編に伴う医学教育の改善を図り、教育活動の円滑な推進と改善に寄与することを目的とし、「医学教育推進センター」と連携して活動しています。

本学では平成26年度(2014年度)の新入生より、順次新カリキュラムを導入し、グローバルスタンダードに則った教育を実施しています。学習法として「学修成果基盤型(コンピテンス基盤型)教育」を導入し、卒業時の学修成果(コンピテンス)を定め、個々のコンピテンシーを評価しながらマイルストーンに従った段階的な習得を目指します。

主な研究領域(研究内容)

  • ・学修成果基盤型(コンピテンス基盤型)
  • ・入学者選抜制度
  • ・ICT活用教育(e-learning)
  • ・国際交流
  • ・モデル・コア・カリキュラム
  • ・医学系共用試験
  • ・学生評価
  • ・アクティブ・ラーニング
  • ・キャリア教育
  • ・プロフェッショナリズム

大学院医学研究科について

担当科目名称

医学教育学

講義概要


本コースの目的は、医学教育学領域での基本的な教育・研究能力を有し、様々な医学教育活動に参加し、改善することができる医学教育担当者(指導医、教員、教育センタースタッフ)の養成です。大学院での研究を通じて、医学教育活動を理論とエビデンスに基づいて理解し実践する能力を養うとともに、新しい教育法の開発や導入、そして教育活動の改善を促進できる柔軟な思考力や実行力を養います。

主な業績


教授 泉美貴
 


 

Seki M, Otaki J, Breugelmans R, Komoda T, Nagata-Kobayashi S, Akaishi Y, Hiramoto J, Ohno I, Harada Y, Hirayama Y, Izumi M. How do case presentation teaching methods affect learning outcomes?--SNAPPS and the One-Minute preceptor. BMC Med Educ. 2016; 16:12.
Yu Akaishi, Junji Otaki, Osamu Takahashi, Breugelmans R, Kojima K, Seki M, Komoda T, Nagata-Kobayashi S, Miki Izumi. Validity of direct ophthalmoscopy skill evaluation with ocular fundus examination simulators. Can J Opthalmol.2014; 49:377-81.
Miki Izumi, Kyoko Nomura, Yuko Higaki, Junji Otaki. Gender Role Stereotype and Poor Working Condition Pose Obstacles for Female Doctors to Stay in Full-Time Employment: Alumnae Survey from Two Praivate Medical Schools in Japan. Tohoku J. Exp. Med.2013; 229:233-237.
Izumi M, Tang X, Chiu C-S, et al. Ten cases of sebaceous carcinoma arising in nevus sebaceus. The Journal of Dermatology. 2008; 35(11):704-11.
Izumi M, Ohara K, Hoashi T, et al. Subungual melanoma: histological examination of 50 cases from early stage to bone invasion. The Journal of Dermatology. 2008; 35(11):695-703.
泉 美貴 檜垣祐子 みき先生の皮膚病理診断ABC 4 炎症性病変 秀潤社2013.6
泉 美貴 みき先生の皮膚病理診断ABC 3 メラノサイト系 秀潤社 2009.4
泉 美貴 みき先生の皮膚病理診断ABC 2 付属器系病変 秀潤社 2007.3
泉 美貴 みき先生の皮膚病理診断ABC 1 表皮系病変 秀潤社 2006.6

 

准教授 R.ブルーヘルマンス


 

M. Seki, J. Otaki, R. Breugelmans, T. Komoda, S. Kobayashi, Y. Akaishi, J. Hiramoto, I. Ohno, Y. Harada, Y. Hirayama, M. Izumi. How do case presentation teaching methods affect learning outcomes?-SNAPPS and the One-Minute preceptor. BMC Medical Education. 2016; 16:12.
Y. Komada, R. Breugelmans, S. Fulda, S. Nakano, A. Watanabe, C. Noda, S. Nishida, Y. Inoue. Japanese version of the Munich Parasomnia Screening: translation and linguistic validation of a screening instrument for parasomnias and nocturnal behaviors. Neuropsychiatric Disease and Treatment. 2015; 2015(11):2953-8.
Y. Akaishi, J. Otaki, O. Takahashi, R. Breugelmans, K. Kojima, M. Seki, T. Komoda, S.
Kobayashi, M. Izumi. Validity of direct ophthalmoscopy skill evaluation with ocular fundus examination simulators. Canadian Journal of Ophthalmology. 2014; 49(4):377-81.
Y. Hara, S. Iwashita, A. Okada, Y. Tajiri, H. Nakayama, T. Kato, M. Nakao, K. Tsuboi, R. Breugelmans, Y. Ishihara. Development of a novel, short, self-completed questionnaire on empowerment for patients with type 2 diabetes mellitus and an analysis of factors affecting patient empowerment. Biopsychosocial Medicine. 2014; 8:19.
Y. Hara, S. Iwashita, K. Ishii, C. Inada, A. Okada, Y. Tajiri, H. Nakayama, T. Kato, K. Nishida, Y. Ogata, H. Omori, T. Morinaga, M. Yamaguchi, M. Nakao, K. Tsuboi, R. Breugelmans, Y. Ishihara. The reliability and validity of the Japanese version of the Diabetes Family Behavior Checklist (DFBC) for assessing the relationship between type 2 diabetes mellitus patients and their families with respect to adherence to treatment regimen. Diabetes Research and Clinical Practice. 2013; 99(1):39-47.
R. Breugelmans. Dangers in Using Translated Medical Questionnaires ― The Importance of Conceptual Equivalence Across Languages and Cultures in Patient-reported Outcome Measures. Chest. 2009; 136:1175-1177.
R. ブルーヘルマンス. 目からウロコの医学英語論文作法: Simple & Effective Medical Writing (第15回) Microsoft Word tips for medical writing (Part 2) Language settings and spell checking.日本胸部臨床. 2015; 74(11):1246-54.
R. ブルーヘルマンス.目からウロコの医学英語論文作法: Simple & Effective Medical Writing (第14回) Microsoft Word tips for medical writing (Part 1) Style and formatting. 日本胸部臨床. 2015; 74(9):996-1004.
門川俊明, R. ブルーヘルマンス, 淺田義和, 平形道人. 意見:全国医学部のeポートフォリオ利用状況調査. 医学教育. 2015; 46(5):443-6.
福沢嘉孝, 一杉正仁, 石井誠一, 亀岡淳一, 建部一夫, 高田淳, 服部しのぶ, 廣川慎一郎, 森茂, 守屋利佳, R. ブルーヘルマンス, 吉岡俊正. 日本医学英語教育学会 医学教育のグローバルスタンダードに対応するための医学英語教育ガイドライン. Journal of Medical English Education. 2015; 14(3):130-42.

講師 山崎由花



Nomura K, Yamazaki Y, Gruppen LD, Horie S, Takeuchi M, & Illing J. The difficulty of professional continuation among female doctors in Japan: a qualitative study of alumnae of 13 medical schools in Japan. 2015; BMJ Open. 5:e005845.
Yamazaki Y, Uka T, Shimizu H, Miyahira A, Sakai T, & Marui E. 1C. Japanese medical students' interest in basic sciences: a questionnaire survey of a medical school in Japan. 2013; Tohoku J Exp. Med. 229:129-136.
Yamazaki Y, Uka T, Shimizu H, Miyahira A, Sakai T, & Marui E. 1C. Characteristics of physicians engaged in basic science: a questionnaire survey of physicians in basic science departments of a medical school in Japan. 2012; Tohoku J Exp. Med.228: 75-82.
Yamazaki Y, Kozono Y, Mori R, & Marui E. 1C. Difficulties facing physician mothers in Japan. 2011; Tohoku J Exp. Med. 225:203-209.
Yoshihara T, Kumashiro N, Kanazawa Y, Yamazaki Y. 10. Therapeutic efficacy of mitiglinide combined with once daily insulin glargine after switching from multiple daily insulin regimen of aspart insulin and glargine in patients with type 2 diabetes mellitus. 2006; Endocr J. 53:67-72.
今永光彦, 山崎由花, 丸井英二.「老衰死」の地域差を生み出す要因 2005年の都道府県別老衰死亡率(性別年齢調整死亡率)と医療・社会的指標との関連. 2012, 厚生の指標. 59:1-6.
野村恭子, 山崎由花, 鶴ヶ野しのぶ, 丸井英二, 矢野栄二. 結婚・出産が女性医師の職業満足度へ与える影響 2大学医学部同窓会調査より. 2011, 医学教育. 42:209-15.
山崎由花, 堀口逸子, 丸井英二. 女性医師の離職問題に対する世代による意見の相違 順天堂大学医学部の女性卒業生を対象とした質的調査. 2010, 医学教育. 41:411-6.
山崎由花, 丸井英二. 順天堂大学を卒業した女性医師について. 2009, 順天堂医学. 55:142-7.

主な競争的研究費


教授 泉美貴


 

2006-2008 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)女性医師における高い早期離職率に関する実像調査 泉美貴(代表)

2013-2015 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)女性医師がキャリアを形成するために必要な要素とは何か? 泉美貴(代表)

2012-2015 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (B)わが国の医学部入試の妥当性と将来像に関する多面的国際共同研究 大滝純司(代表)、 泉美貴(連携研究者)

2013-2015 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (C)本邦の医学部学生における不正行為に関する調査 小林志津子(代表)、泉美貴(研究分担者)


准教授 R.ブルーヘルマンス


 

2014-2016 日本学術振興会基盤研究(C)学生と教員が協働する診療参加型実習 eポートフォリオの教育効果と持続可能性の検証 R.ブルーヘルマンス(代表)

2014 医学教育振興財団医学教育研究助成金 医学教育におけるeポートフォリオの共通仕様に関する調査研究 門川俊明(代表)、R.ブルーヘルマンス(研究分担者)

2013-2015 日本学術振興会基盤研究(C) 子どもの概日リズム変調・眠気の実態ならびに予防策としての集団認知行動療法の実践 駒田陽子(代表)、R.ブルーヘルマンス(研究分担者)

講師 山崎由花


 

2011年度 科学研究費補助金若手研究(B) 認知症発症予防にペットは活用できるのか―コホート研究による検討 山崎由花(代表)

その他(学会理事、事務局など)


教授 泉美貴


 

日本医学教育学会 理事・代議員

日本医学教育学会 卒前教育委員会委員長

日本医学教育学会 コア・コンピデンス教育委員(2012-2016)委員

日本医学教育学会 国際関係委員(2012-2016)委員

平成28年度文部科学省 「大学における医療人の在り方に関する調査研究委託事業」医学調査研究チーム

日本医学教育評価機構(JACME) 基準・要綱検討委員会委員

日本医学教育評価機構(JACME) 評価者研修委員会委員

「モデル・コア・カリキュラム改訂に関わる専門研究委員会」委員

医療系大学間共用試験実施評価機構 CBT専門部会委員

文部科学省 大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)専門委員会 主査代行

文部科学省 大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)運営委員会 委員

東北地方における医学部設置に関わる構想審査会委員

文部科学省 医学部設置認可審査に関する小委員会委員

文部科学省 基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグルーバルな医師養成委員会委員

東京都 新たな東京医師アカデミーのあり方検討会委員会委員

内閣府「はばたく女性人材バンク」登録医師

日本私立医科大学協会 女性医師支援委員会委員

日本女医会 理事

日本病理学会 学術評議員

日本病理学会 コンサルタント

皮膚かたち研究学会 理事