博士課程 ポリシー

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

本学の校是である「正義・友愛・奉仕」の精神をもち、自ら積極的に学び(自主自学)、 高度先進医学・医療を推進し、地域社会や国際社会でリーダーシップを発揮できる人材養成を目的としている。本学の理念・目標の実現に向け、以下のような人を求めている。

  1. 次世代の医学・医療に対して深い関心をもち、能動的に学び・実践する能力を有している人
  2. 倫理観を有し、積極性・協調性・コミュニケーション能力などが優れている人
  3. 科学的な思考と公正な評価ができる人
  4. 地域社会や国際社会でリーダーシップを発揮できる能力を有している人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

本学の理念・目標の実現に向けて、4 年間を通した体系的な大学院教育プログラムを編成している。専門科目では、当該領域における知識や技術を習得させること、討論、および学会参加などを通して、研究テーマに即した指導を行う。
全領域に横断的な内容を扱う共通科目およびコースワークを配置している。大学院生はコースワークを選択し、関連研究内容に関する幅広い知識や考え方、研究技能を身につける。
共通科目では、研究の推進に必要不可欠な医学倫理、医学統計、コミュニケーション、グラント申請などを習得する。専門科目、コースワーク、および共通科目を組織的に展開することにより、自立して研究・診療を推進できる人材を育成する。

  1. 当該領域における知識や技術を習得させるとともに、討論、学会参加などを通して、研究テーマに即した指導を行う。
  2. 自らの研究内容を発表すると共に、他の学生や専門教員の発表を聴講、討論する中で、幅広い知識や考え方を身につける。
  3. コースワークの選択により(専門分野の研究室枠を越えて)当該領域の基本的研究技能を効率的に習得する。
  4. 研究の推進に必要不可欠な医学倫理、医学統計、医学英語のプレゼンテーションスキル、グラント申請などを習得する。
  5. 専門科目、コースワーク、および共通科目を組織的に展開することにより、研究倫理に則り自立して基礎・臨床研究を推進できる人材を育成する。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

大学院医学研究科が定める所定の期間在学し、開講されている授業科目を履修し修了要件以上の単位数を修得し、研究科が行う最終試験および博士論文審査を受け、医学研究科委員会で合格と認定された者に学位を授与する。

  1. 研究の背景・目的の意義を論理的に説明できる。
  2. 研究方法の科学的な正当性をよく理解し、説明できる。
  3. 研究結果を論理的に解釈し、考察、結論できる。
  4. 当該研究を自ら計画し、研究倫理に則り主体的に取り組むことができる。
  5. 専攻分野の普遍的および最新の知識が十分である。
  6. 論理的に思考し、質疑応答する能力がある。


ページトップ