博士課程 教育に関する理念・到達目標・基本方針

理念

専攻分野に関する高度の専門的知識・能力の修得に加え、複数の学科目等を通して体系的に学修課題を履修するコースワーク等により、本学のアドミッションポリシーに即した高次の教育、研究を行う。医学に関する理論および応用を教授研究し、新たな学知を創造し、グローバルに発信することを通して医学の発展、人類の福祉に貢献する人間性豊かな研究者ならびに研究指導者を全学的な協力体制の下で養成する。

到達目標

  1. 高い倫理観に基づき、自立的に研究活動を行うことができる。
  2. 先端的な研究の高度化を推進し、新しい時代に即応することができる。
  3. 研究活動を通して地域社会と世界の保健・医療・福祉に貢献できる。
  4. 研究成果を基に高度な医療を開発・推進できる。
  5. 国内・国外の研究者と連携して研究を推進し、成果を発信できる。

基本方針

研究の基盤となる横断領域の共通科目、専門分野を超え、同一の研究内容、手法を用いる大学院生が共同で研究や情報交換を行うコースワーク、そして専門科目の三区分より成り立っている。これらを包括的に学ぶことにより専門的な業務に必要な高度の研究能力と豊かな学識を養い、新たな知見を創造する能力を身につける。


ページトップ