修士課程 ポリシー

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

本学の医学研究科の理念と「自主自学」の建学精神に基づき、医学部医学科以外の卒業生(修士)が医学研究または医学・医療分野の専門職に従事するに必要な知識と研究技能を習得し、今後の医科学研究活動あるいはその他の高度に専門的な業務に従事することを通して社会貢献できる人間性豊かな人材育成を目指している。これにより下記のような意欲ある人物を求めている。

  1. 本学の校是である「正義・友愛・奉仕」の精神を有する人
  2. 医科学的知見を学び、高い研究倫理に則り将来医科学研究を進める意欲のある人
  3. 医科学領域において、基礎的あるいは臨床的な先端的研究を推進する意欲のある人
  4. 基礎的な医科学研究成果を臨床応用する意欲のある人
  5. 進取の気概をもって独創的研究を行い、従来の学術水準に新知見を加え、将来、医科学研究の指導者として活躍しようとする意欲のある人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

医学部医学科以外の学科卒業生を対象に、医学・医療・福祉の発展に寄与する研究者・専門職の育成の「土台作り」と捉え、以下のカリキュラムを編成する。

  1. 生命科学を研究する上で必要とされる研究倫理ならびに医科学領域の基礎的知識全般を、少人数制の講義・演習・実習によりバランスよく修得する。
  2. 入学時に選択した専攻分野の研究室配属により、実際の研究活動を通じて、専門性の高い先端知識と研究技能を修得する。
  3. 学内外の学会・研究会での研究発表を通じてプレゼンテーション/質疑応答能力を修得し、かつ、指導教員による直接指導により論文作成能力を養う。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

研究科の定める期間在学で設定した授業科目の履修により基準となる単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受け、研究科が行う修士論文審査および最終試験で「合格」と認定されることを修了要件とする。

  1. 研究の背景・目的の意義を科学的に説明できる。
  2. 研究結果を論理的に解釈し、考察、結論できる。
  3. 専攻分野の普遍的および最新の知識が十分である。
  4. 論理的に思考し、質疑応答する能力がある。


ページトップ