修士課程 教育に関する理念・到達目標・基本方針

理念

医科学専攻(修士課程)は、本学の医学研究科の理念に基づき、医学部医学科以外の修了生(学士)を対象に、自立した研究活動と医学・医療分野の高度に専門的な業務に従事するに必要な基礎となる豊かな学識を養い、「自主自学」の建学精神のもと、社会活動を通じて医学の発展、人類の福祉に貢献する人間性豊かな人材育成を目指す。

到達目標

  1. 高い倫理観に基づいた研究活動を実践することができる。
  2. 論理的思考に基づいた研究計画の立案と研究成果の解釈ができる。
  3. 生命科学全体をバランスよく俯瞰し、かつ、専門分野の高度化を目指して時代に即応する能力を有する。
  4. 医学・医療分野の研究活動あるいは専門性の高い業務活動を通して地域社会と世界の保健・医療・福祉に貢献する姿勢を有する。

基本方針

医学部医学科以外の学科卒業生(修士)が、本学の博士課程と連動した全学的協力体制のもと、自立した医学科研究活動あるいは高度な専門職に従事するに必要な基本となる医科学領域の知識と研究技能をバランスよく習得できるよう、医学・医療・福祉の発展に寄与する研究者・専門職の「土台作り」としての教育課程の提供を目指す。

医科学専攻(修士課程)教育の概要

医科学専攻修士課程では、医学部医学科以外の理科系学部生命科学関連学科の卒業生が医学研究遂行に必要な医学知識を習得して医科学研究の土台作りができる教育課程を提供します。学生は、必要な講義実習を受けるとともに、研究室に所属して指導教員のもと研究に従事し、修士論文を提出します。必修の講義科目はセクション①~③であり、その他選択講義科目として⑤を設けています。すべての学生は医学特別研究④において、あらかじめ選択した各研究室に所属して実際の研究を行います。 

教育課程の概要図

教育課程の概要図

①セクション1:「医学概論」I~IV
医学の入門から最先端の医学上の問題まで簡潔に概観します。また、医学の研究を進める上で必須事項である「医学英語」や「生命倫理」の基本を習得します。

②セクション2:基礎生命科学
(「基礎生命科学特論」「分子細胞生物学特論」「分子病態学特論」)

生命科学の基本である分子生物学や細胞生物学を復習し、あるいは新たに習得し、悪性腫瘍、免疫疾患、神経疾患、生活習慣病を例にとって、生理状態と疾患状態を連続的かつ概念的に理解します。

③セクション3:「生体機能医学」I~IV(「分子生理学」「分子病理学」「神経解剖学」「分子薬理学」「感染症学」「分子免疫学」)「公衆衛生」
基礎医学の必須科目を、そのコア部分を中心に習得し、さらに現代医学の現状と課題をそれぞれの分野個別に理解します。また、必要な分子細胞生物学の概念を復習あるいは履修し、多くの疾患の解説も同時に組み込み、病気の治療法開発という観点から、基礎医学を理解することを目標とします。また、公衆衛生学のコアを習得します。

④セクション4:「医学特別研究」
各教室/研究室に所属して、その研究室の専門とする研究(シラバス参照)を遂行します。

<参加教室>
微生物学
免疫学
薬理学
神経解剖学
病態生理学
分子病理学
公衆衛生学
医学総合研究所

(免疫制御、分子腫瘍、運動器、トランスレーショナル研究部門)

以上の科目群を必修科目とし、その他に以下のような選択科目を設け、学生の希望する進路に応じた履修ができるように構成しています。

⑤セクション5:「医療安全学」「医学教育学」「生体病態医学特論」I~IV(臨床科目)
医療安全学、医学教育学ではそれぞれ、臨床や医科学研究現場における医療安全管理の概略、医学系の教職に就いた際の基礎として、医学教育学の基本を習得します。また、代表的ないくつかの臨床分野(循環器学、呼吸器・甲状腺学、麻酔学、神経学、リウマチ学など)の基礎から最先端までを網羅します。この科目を設置する目的は、医学研究が臨床といかに関わっているかを具体的な例によって理解することにあります。

人材養成の目標

薬学、工学、理学、農学などの医学部医学科以外の理科系学部の生命科学関連学科で学んできた学生に、それぞれの領域における知識を基盤として、医科学分野の新たな知識を統合的に習得させ、医学研究を実践することで、今後の多様な医学・医療関連の分野で活躍できる人材の育成を目指します。
研究面では、分子レベルから個体レベルで生理的生体機能とそれに関連した疾患の基本的な知識を習得させ、最先端の組織学、分子生物学、遺伝学などの生命科学技術を駆使して、基礎研究や応用研究を行う能力を養います。特に、基礎と臨床の交流を通して、トランスレーショナルリサーチに対応できる研究人材の育成を図ります。

研究指導の方法と修了までのスケジュール

研究指導は、以下のようなステップを踏んで進めます。

研究指導の方法と修了までのスケジュール

医学特別研究 予定表

1年次4月
9月
入学、研究室配属、研究テーマ決定予備的な研究開始
本格的な研究開始
2年次4月
11月
12月
1月
2月
3月
進級
公開研究発表会
学位論文提出 学位論文審査(1次審査)
学位論文審査(公開審査会)
学位論文審査(2次審査)
修了

ページトップ