TOPページへ
 東京医科大学茨城医療センター  眼科
  硝子体手術のTOPへ
黄斑前膜(黄斑上膜)の硝子体手術 

黄斑前膜について
黄斑部は網膜の中心部にあって、網膜の中で最も重要な場所です。黄斑前膜はこの黄斑部に膜が張って、網膜が歪んだり厚くなる病気です。自覚症状としては「視力の低下」、「ゆがんで見える」、「視野の中心が暗く見える」などがあります。。

 
黄斑前膜の原因
老化現象に伴う硝子体の変化によって発生します。それ以外に外傷、網膜剥離、出血、強度近視、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などによって生じることもあります。
 
硝子体手術
硝子体手術では、まず硝子体を網膜から剥がして切除します。硝子体は目の中でそれほど重要な組織ではないので、切除しても視覚に直接的な影響はありません。続いて黄斑前膜を剥離して手術を終わります
 
手術後の視力
視力は黄斑部の厚みが薄くなり、正常に近づくと共に徐々に回復していきます。術後の視力の回復には個人差がありますが、歪みなどの自覚症状もゆっくりと改善していきます。