物理学教室

概要

当教室では、一般教育として、前期に「医系の物理学」、「自然科学基礎(物理学)」を講義形式で行っています。ただし、演習を多くして理解しやすいように工夫しています。また通年で「医系の物理学実習」を実施しています。後期には選択科目として「人体の物理学」「先進医療のための科学」を開講しています。「人体の物理学」は人体をモデルとして、力学、熱力学、波動、電磁気学などを学べるように工夫されています。「先進医療のための科学」は現代物理学を基本として、放射線やMRIなどについて学ぶことができます。

研究活動としては、磁性や電気抵抗などの輸送現象を中心とした物性物理学を実験的な見地から研究しています。金属合金や化合物の試料を作成、評価し、NMR、電気抵抗、熱電能などの物性研究を行っています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  1. 磁性(金属間化合物)
  2. 磁気共鳴(金属間化合物)
  3. 輸送現象(金属間化合物)

ページトップ