人体構造学

09【人体構造学】写真2.jpg

主任教授
伊藤 正裕
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

当分野では肉眼解剖学の教育と以下の研究課題に取り組んでいる研究室になります。
詳しくは独自のホ-ムペ-ジをご覧ください。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

①生体構造学
②東洋医学
③臨床解剖学
④発生生物学
⑤分子機能学
⑥環境医学

大学院医学研究科について

担当科目名名称

人体構造学

講義概要

■教育研究理念
生命形態の「場の観察」を通して「生命の理(まこと)」を読む。

■研究課題

  1. 自己免疫性精子形成障害モデルの解析
  2. 環境因子の精巣免疫への影響の研究
  3. 雄性生殖器官の結合組織の生理と病理
  4. 血液-精巣関門の機能形態学的研究
  5. 性差(gender difference)の研究
  6. 生殖系-免疫系連関の進化研究
  7. 血管系・末梢神経系の臨床解剖学
  8. 東洋医学から観た内臓系解剖学
  9. リハビリテーション医学から観た体壁系解剖学
  10. 臓器保存・臓器移植の研究

詳しくは、独自のホ-ムペ-ジをご覧ください。

ページトップ