組織・神経解剖学

所属長写真

主任教授
石 龍徳
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

組織・神経解剖学分野は、主任教授1名、准教授1名(大山恭司)、講師1名(北澤宏理)、助教3名(柏木太一、篠原広志、権田裕子)、助手2名(佐藤亨、戸田景子)のスタッフにより構成されています。この他、現在、大学院博士課程2名、卒業研究生1名が在籍しています。

教育では、医学部医学科第1学年の組織学と第2学年の神経解剖学の講義・実習を担当しています。当分野の教育の第一の目的は、臨床の講義・実習や将来の医療活動で必要とされる組織学、神経解剖学の基本的な知識を学生に身につけさせることです。臓器の構造をイメージすることによってその臓器の機能が自然と思い出されるような感覚を身につけさせたいと考えています。そして第二は、基礎医学の大切さと面白さを実感してもらうことです。基礎医学の発展があったからこそ、多くの人々の命が救われることになった事実を知ってもらいたいと考えています。

研究では、複雑な構造をもつ脳の発生機構を解析しています。特に、成体までニューロンの新生が例外的に続く海馬の発生過程を、胎生期〜成体期まで包括的に解析しています。今までにないような概念を生み出す独創的な研究成果は、科学全体、臨床も含めた医学全体に大きな影響を及ぼすとの考え方を基本に、新規でユニークな基礎医学研究を志しています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 胎生期から成体期の神経幹細胞を中心としたニューロン新生機構の包括的解析(石 龍徳)
  • 海馬および視床下部の発生とプログラム細胞老化(大山恭司)
  • 疼痛を制御する中枢神経系の解剖と生理 (北澤宏理)

大学院医学研究科について

担当科目名名称

講義・演習

  • 神経発生学特論(石 龍徳、大山恭司)
  • 中枢神経系シナプスの解剖と生理(北澤 宏理)

実験・実習

  • 免疫組織化学的・分子生物学的解析法(石 龍徳、大山恭司)
  • 電気生理学的解析(北澤 宏理)

大学院特別講義

  • 神経・発生セミナー

講義概要

神経発生学特論では、神経科学全般、発生学全般、神経発生学、成体脳のニューロン新生に関する最新の文献や当分野の研究結果を、教員・大学院生がパワーポイントで解説しながら発表・議論します。

免疫組織化学的・分子生物学的解析法では、共焦点レーザー顕微鏡・電子顕微鏡によるイメージング法、遺伝子改変動物による細胞追跡・機能解析法、神経脳組織への遺伝子導入法、神経幹細胞の培養法などの技術を習得します。

大学院特別講義「神経・発生セミナー」では、毎年国内・国外の神経科学・発生学分野の著名な研究者(4〜5人)に特別講義をお願いしています。

ページトップ