分子病理学

16.写真:分子病理学(黒田)Kuroda_Prof-photo.jpg

主任教授
黒田 雅彦
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

分子病理学分野は、基礎医学系に属しており、病理解剖・診断を始めとする臨床業務の一翼を担っています。一方、先進的かつ創造的な研究は本学の使命であります。特に基礎と臨床をつなぐトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)の推進は、医学・医療の発展において重要です。この観点から我々は、抗体医薬の開発、miRNAを用いた次世代診断と治療の実用化、骨髄間葉系幹細胞、iPS細胞を用いた細胞治療を主要なテーマに、国内外の研究拠点と連携し、早期の臨床応用を目指しています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 癌の分子標的治療法
  • 核酸医薬品の開発
  • miRNAを標的にした分子診断
  • 骨髄間葉系細胞、iPS細胞を用いた細胞治療
  • 骨軟部腫瘍の臨床病理学的・分子病理学的解析

大学院医学研究科について

担当科目名名称

分子病理学

講義概要

本研究室では、主に癌や炎症に関する疾患の発症メカニズムを解明することで新規診断法や治療法の開発を研究しています。機能性RNAを主軸とした分子生物学的なアプローチと、iPS細胞や、幹細胞などを用いた再生医療など、次世代医療の橋渡しをメインテーマとした研究を通して、臨床と連携した病理学的な研究者を育成します。

ページトップ