免疫学

yokosuka.jpg

主任教授
横須賀 忠
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

免疫学分野では、獲得免疫系の中心的役割を果たすT細胞・B細胞のシグナル伝達機構の基礎研究を行っています。特に、T細胞の活性化に必須な「免疫シナプス」、それを構成する活性化シグナルユニット「マイクロクラスター」を先端的手法によって明らかにするなど、免疫細胞における分子イメージングのさきがけ的研究を推進してきました。このミクロな視点からの時空間的研究によって、T細胞の活性化制御機構のみでなく、免疫不応答のメカニズム、疲弊細胞の回復とがん免疫の賦活化、ユビキチンによるT細胞シグナルの終焉と発がん制御、シグナル伝達を担う新たな細胞骨格の機能など、これまで分からなかったさまざまな免疫応答の詳細が明らかになりつつあります。

一方、基礎研究と臨床医学とをつなぐトランスレーショナルリサーチの観点から、これら基礎研究を応用した自己免疫疾患やアレルギーの病態解明や治療・予防法の開発、悪性腫瘍の発症・進展における炎症の役割や腫瘍に対する新規治療ワクチン開発、NKT細胞を用いたがん治療の基盤研究などにも取り組んでいます。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • T細胞・B細胞シグナル研究
  • T細胞シグナルの分子イメージング研究
  • サイトカインとヒト樹状細胞分化の研究
  • 自己免疫疾患やアレルギーの病態解析
  • がんに対する新規治療ワクチンの開発
  • NKT細胞を用いたがん治療の臨床応用研究

大学院医学研究科について

担当科目名名称

分子免疫学

講義概要

免疫学分野では、発生学、分子生物学、細胞生物学、分子イメージング学、および免疫学的な手法を駆使し、免疫細胞受容体を介する細胞内シグナル、その刺激を受けたときの細胞の振る舞い、および細胞内シグナル情報の異常・失調によってもたらされるアレルギーや自己免疫疾患などの病態解析を行っています。

また、分子イメージングの先端的研究を通して、それらシグナル伝達を目に見える形で理解を深め、さらに、これまでとは全く異なった局面から隠されたメカニズムの解明に挑んでいます。

これら基礎研究を基盤として、がんに対する免疫反応の役割を解明し、ナノ粒子を用いた新規治療ワクチン開発などにも取り組んでいます。大学院講義や実習では、まず系統講義を通して幅広い免疫学の基礎を学習し、次にディスカッションや演習を通して専門的な知識・技能を修得できるよう教職員が支援し、 基礎研究と臨床医学の双方に精通した視野の広い次世代型の研究者育成を目指します。

ページトップ