公衆衛生学

所属長写真

主任教授
井上 茂
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

本分野では、健康に関わる公衆衛生学的諸問題の中でも生活習慣病対策、特に「身体活動・運動」と「職域におけるメンタルヘルス対策」を主な研究テーマとしています(具体的な内容は当分野HPをご覧ください)。また、研究成果を元に、「健康日本21」「健康づくりのための身体活動指針2013」「国民健康・栄養調査」「職業性ストレス簡易調査票」等の施策に関与してきました。国際的なネットワークを強みとし、様々な学問領域と協力しながら研究を進めています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

疫学、予防医学、産業衛生学

  • 生活習慣病予防のための疫学研究
  • 身体活動・運動の疫学研究
  • 職業性ストレスとその健康影響に関する研究

大学院医学研究科について

担当科目名名称

公衆衛生学

講義概要

公衆衛生は集団の生を衛ることを目的とした科学でありart(技術)です。この本質を理解し、様々な健康問題を社会的視点からとらえ、健康問題発生の原因究明のための手法である疫学の知識と手法を活用し、問題解決に向かう実践能力を養うための講義・実習を行っています。大学院生が研究テーマ選定となる知識とスキルを身につけ、研究の醍醐味を味わえるよう、論文完成にむけて担当教職員を中心に全教職員がサポートします。

ページトップ