血液内科学

所属長写真

主任教授
大屋敷 一馬
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

本分野では造血器疾患を扱いますが、特に造血器腫瘍を中心として腫瘍性疾患の病態解明、分子標的療法の開発に取り組んでいます。また造血幹細胞移植術における免疫病態の解明にも取り組んでいます。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  1. 造血器腫瘍の発症機序と分子生物学
  2. 難治性血液疾患の治療・移植療法
  3. 分子標的療法の開発
  4. 造血環境と腫瘍細胞のクロストーク
  5. 移植における免疫学的関与の解明

大学院医学研究科について

担当科目名名称

血液内科学

講義概要

本研究分野では血液疾患の実地医療に結びつく細胞遺伝学的解析、分子生物学的手法、細胞培養等の必要性を再認識できるように指導し、大学院生自らが様々な問題点を抽出し、エビデンスに基づいて倫理的に診断・治療を組み立てていく能力を養い、国際性豊かな人材を育成すると共に柔軟な思考力を実現するために教職員がサポートを行っています。

ページトップ