循環器内科学

所属長写真

主任教授
近森 大志郎
独自のホームページはこちら

概要

昭和19年9月に「循環器病学の研究、診療、教育を通した人間形成」という目標を掲げてスタートした歴史のある教室です。循環器内科について、予防から救急・集中治療・リハビリテーションまで、幅広く活動を展開する中で、教育、研究、臨床を進めています。主な研究テーマは、血管機能、冠循環、循環器画像診断、不整脈、心不全、睡眠時無呼吸と心不全、循環器予防医学、などで、重要な情報を発信する一方、多くの臨床医・研究者を養成しています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 虚血性心疾患の診断と治療、冠循環生理
  • 不整脈治療に対する臨床研究(カテーテルアブレーション、ディバイス治療)
  • 心不全の治療・管理
  • 循環器疾患の非侵襲的画像診断
  • 動脈硬化の非侵襲的診断および血管機能検査・循環器予防医学
  • 肺高血圧症の診断と治療
  • 睡眠呼吸障害と循環器疾患に関する研究
  • 心筋症の遺伝子診断

大学院医学研究科について

担当科目名名称

循環器内科学

講義概要

■目的
探究心旺盛で人間味あふれる循環器内科専門医の養成です。大学院での研究を通じて、循環器疾患の疫学、病態を理解し、エビデンスに基づいて論理的に診断・治療を組み立ててゆく能力を養います。また、新しい診断・治療法の開発や疾患概念の見直しができる柔軟な思考力、それを現実の形にするための実行力を養います。

■主な研究課題

動脈硬化の早期診断法としての血管機能解析、循環器疾患と睡眠呼吸障害の関連、非侵襲的診断法による冠動脈プラークの検出、心筋虚血の生理学的評価法の確立と臨床への応用、不整脈に対する最新の非薬物治療、重症心不全のホームモニタリング、慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するハイブリッド治療などです。

ページトップ