糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学

糖尿病・代謝・内分泌内科

所属長写真

主任教授
小田原 雅人
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

当教室(当科)は糖尿病を中心とした代謝学、および内分泌学を担当しています。糖尿病は近年、顕著に患者数が増加していますが、様々な臓器での合併症のメカニズムが徐々に解明されるとともに、単一分野の疾患ではなく、循環器系や腎、神経系等と複合した病態として捉える必要があります。そのため、医学生教育においても、他分野とリンクした幅広い教育を目指しています。また、内分泌学は病態の理解が重要であり、医学生教育も断片的な知識の習得にならないように心掛けています。

研究活動としては、動物モデルにおいて糖尿病治療薬の遺伝子レベルでの作用メカニズムの研究や、培養細胞を用いた動脈硬化における分子レベルでの解析、動脈硬化における内皮機能や障害の臨床研究等を行っています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 糖尿病性合併症の分子生物学
  • 糖尿病および糖尿病性合併症の臨床研究
  • 糖尿病発症の分子機構

大学院医学研究科について

担当科目名名称

代謝内分泌学

講義概要

当科の大学院生の目標は、病態生理の理解を通じて臨床洞察力に優れた糖尿病専門医、内分泌専門医となる事です。また、基礎、臨床実習を通じて、医師としての倫理観や後進を指導できるような人格と能力を身につける事も必要と考えています。
(詳しくは、大学院のホームページをご参照ください。)

リウマチ・膠原病内科

概要

リウマチ膠原病グループでは、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病およびその類縁疾患について自己免疫を中心とした臨床研究や疫学研究を行っています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 関節リウマチの自己免疫異常
  • 関節リウマチの臨床研究
  • リゾリン脂質の自己免疫性疾患発症における役割

大学院医学研究科について

担当科目名名称

リウマチ・膠原病

講義概要

本研究室では、免疫学を中心とするライフサイエンスや臨床疫学の知識と研究手法を駆使して、自己免疫性疾患の病因・病態を明らかにするための研究を行っています。大学院生は学生生活の中で自ら研究する能力を涵養するとともに、科学的視野を持ったリウマチ性疾患の診療技術を習得できるよう、教職員が臨床・研究の両面からサポートしています。

ページトップ