神経学

29【神経内科学】相澤仁志+先生2.jpg

主任教授
相澤 仁志
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋などの疾患を担当します。つまり神経疾患が及ぶ範囲は全身であり、神経内科医であることは内科医としての技量が不可欠であると考えています。具体的には、神経変性疾患、神経免疫疾患、脳卒中など多岐に亘る疾患について、急性期から慢性期までの診療を行い、また患者さんに還元できるような研究を行い、よき神経内科医として、さらには内科医として、社会の求めに充分に対応できる医師を養成するべく教育を行っています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 神経変性疾患(筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)
  • 神経免疫疾患(重症筋無力症、多発性硬化症など)
  • 脳卒中(脳梗塞など)

大学院医学研究科について

担当科目名名称

神経学

講義概要

当分野では神経内科に関連した多様な疾患を対象に、将来、自立して継続できるような研究技術の基本を習得していただきます。臨床から基礎研究へ、また基礎研究から臨床へ発展させることを念頭に、最終的には個々の患者さんに還元できるような研究を目指します。

ページトップ