皮膚科学

所属長写真

主任教授
坪井 良治
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

本分野は創立98年目、主任教授も10代目の、伝統と実績を兼ね備えた教室です。教育は医科大学の使命と考え、学生、医局員の教育には最大限の努力をしています。また、専門医資格取得に向けて、皮膚診断学、皮膚外科、皮膚病理をバランスよく修得できるように工夫しています。研究分野では、皮膚の構造と機能に関する基礎的研究と各種皮膚疾患の治療に直結したトランスレーショナルリサーチに注力しています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

基礎研究課題

    1. 創傷治癒過程の研究
    2. 皮膚と皮膚付属器を構成する細胞の再生機序の解析
    3. 肥満細胞・樹状細胞の機能解析
    4. 皮膚における微生物の菌相解析・遺伝子多型
    5. 抗真菌薬の特性に関する研究
    6. 表皮角化細胞の最終分化機序とバリア機能の維持
    7. 乾癬の病態の解析
    8. アトピー性皮膚炎の病態の解析
    9. メラノーマの浸潤と転移の分子機序
    10. 悪性腫瘍とエピジェネティックス

臨床研究課題

  1. 脱毛症
  2. 再生医療(発毛)
  3. 乾癬と掌蹠膿疱症
  4. 皮膚悪性腫瘍
  5. アトピー性皮膚炎とアレルギー疾患
  6. 尋常性白斑
  7. 遺伝性皮膚疾患
  8. 皮膚真菌症と爪疾患
  9. レーザーとニキビ治療
  10. 血管炎・膠原病・皮膚潰瘍・水疱症

大学院医学研究科について

担当科目名名称

皮膚科学

講義概要

本分野では、生涯を通じて皮膚科学に関連した研究テーマを持ち、自ら研究計画を立て、指導できる人材を育成することを目標としています。共通の研究テーマを持つ学外の基礎研究室に国内留学していただくことが多く、将来的には海外留学も可能です。研究分野の選択は本人の希望を優先しています。

ページトップ