呼吸器・甲状腺外科学

所属長写真

主任教授
池田 徳彦
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

肺癌・甲状腺癌を中心とした臨床研究、基礎研究を行い、医療として実現しうるトランスレーショナルリサーチを推進します。特に癌の質的解析、分子生物学的診断法の開発、低侵襲・個別化治療はメインテーマです。これに加え、臨床試験、安全管理など、academic surgeonとしての幅広い知識の習得も重視しています。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 肺癌の集学的治療
  • 呼吸器疾患の外科治療
  • 肺癌の早期診断・バイオマーカー
  • 肺癌のトランスレーショナルリサーチ
  • 肺癌の内視鏡的診断・治療
  • 甲状腺癌の分子生物学的診断・治療

大学院医学研究科について

担当科目名名称

外科系外科学(第1)

講義概要

呼吸器・甲状腺の外科疾患を対象とした診断・外科治療・薬物療法についてのトランスレーショナルリサーチ・臨床研究を行います。対象分野の臨床成績向上に直結させ、国民の健康と福祉に貢献できる研究成果を追及します。

癌の質的解析、分子生物学的診断、個別化治療をメインテーマとします。また医工連携の基礎研究も行います。悪性腫瘍疾患の病態生理に関わる分子生物学的研究、早期発見に関わる研究、新規診断・治療法に関わる研究、レーザーの癌診療への応用に関する研究を行います。

研究分野に応じ細胞・遺伝子班、レーザー班、医工連携班の3つの研究班に分かれ研究を実施しており、各研究班相互の協力により、効率的な指導をめざします。各研究班での研究内容の概略を以下に示します。


■細胞・遺伝子班

遺伝子・蛋白質レベルの基礎研究により得られた成果の臨床応用を目指し、臨床データに基づく検証を行います。また現在行われている癌の診断および(集学的)治療の臨床試験・付随研究に参加し、対象領域における癌研究の臨床研究の現状について理解を深めます。またその基礎的知識として病理組織学診断・細胞診断の修得も目指します。


■レーザー班

光線力学的治療(PDT)などのレーザー治療の適応拡大、光医学の臨床応用をめざしたトランスレーショナルリサーチを行います。具体的にはPDTのmolecular targetの解析、PDTと血管新生阻害剤との併用治療の開発、悪性胸膜中皮腫に対する赤色LEDを利用した集学的治療の開発、化学発光酵素遺伝子による光線力学的遺伝子治療の開発、リンパ節廓清ナビゲーションシステムの開発などを行っております。


■医工連携班

ロボット手術や医用ナビゲーション技術など次世代治療学の基礎・臨床の研究を行います。また呼吸器系臓器での再生医療においても、生体材料と創傷治癒をメインテーマに研究を進めています。

ページトップ