心臓血管外科学

所属長写真

主任教授
荻野 均
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

当分野は、昭和32年に国内の心臓血管外科教室の草分けの一つとして創設されました。一時的に血管外科講座となりましたが、現在は心臓血管外科講座として、後天性心疾患、大血管疾患、末梢血管疾患などに対する外科治療および研究など幅広く担当しています。特に、他に先駆けて臨床導入した大動脈ステントグラフト治療をはじめ、その他、自己弁温存形成術や慢性血栓栓塞栓性肺高血圧症に対する外科治療・研究に力を注いでいます。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 大動脈瘤
  • 解離の外科治療(手術、ステントグラフト治療、ハイブリット治療)
  • 低侵襲心臓血管外科治療(MICS、OPCAB、ロボット手術)
  • 自己大動脈
  • 僧帽弁温存および形成術
  • 脊髄を中心とした臓器保護
  • 大動脈解離の全国規模登録(JRAD)
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の外科治療および登録研究
  • 末梢血管疾患の外科治療(手術、カテーテル治療、ハイブリット治療)
  • 大動脈瘤の発生と進展様式
  • 再生治療(血管新生)
  • 新しい小口径人工血管
  • ステントグラフトの開発
  • 組織移植
  • 補助心臓

大学院医学研究科について

担当科目名名称

心臓血管外科学

講義概要

大動脈瘤の発生に関する分子生物学的機序・大動脈瘤に対する外科的治療・大動脈瘤に対する血管内治療・慢性動脈閉塞症の病態解明・炎症性血管疾患の病態解明・再生治療に関する基礎的研究・大動脈瘤の疫学調査・慢性動脈閉塞症の血行再建術・炎症性血管疾患の疫学調査・再生療法の臨床的研究・慢性血栓塞栓症肺高血圧症の外科治療のレジストリー研究・大動脈解離に対するレジストリー研究・低侵襲心臓手術の診療的意義の検証など

ページトップ