脳神経外科学

42【脳神経外科学】河野道宏.jpg

主任教授
河野 道宏
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

当分野では、聴神経腫瘍を代表とする小脳橋角部腫瘍・頭蓋底腫瘍に関する集学的研究、光感受性物質を用いた悪性脳腫瘍に対する光線力学療法の開発、3次元脳神経外科手術顕微鏡の開発と臨床応用、手術ナビゲーション、実体モデルによるシミュレーションなどの研究を行っています。また、顕微鏡手術、血管内手術、内視鏡手術など手術手技に直結した研究が特徴です。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 悪性脳腫瘍の光線力学療法
  • 脳腫瘍の分子病理学的解析
  • 機能温存を目指した頭蓋底外科手術(術前三次元および実体モデルシミュレーション)
  • 硬膜動静脈瘻の病態解析(脳血管内治療)
  • 三叉神経痛・顔面痙攣の病態解析,手術手技 など

大学院医学研究科について

担当科目名名称

外科系脳神経外科学

講義概要

脳腫瘍の手術では神経機能温存と可及的摘出を命題とし,覚醒下手術,頭蓋底外科手術,神経モニタリング,ナビゲーション,光線力学療法など,様々な方法論に関する基礎的・臨床的研究を行っています.神経内視鏡による低侵襲手術,下垂体腫瘍に対する経鼻的摘出,脳血管障害に対する脳血管内手術など豊富な臨床経験を生かし,学会発表・論文発表を行っています。

ページトップ