消化器外科学

45_2015.jpg

主任教授
鈴木 修司
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

当分野では主として食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝胆膵等の良・悪性疾患に対する集学的治療、およびヘルニアや痔疾患などの一般外科、腹部外傷や絞扼性イレウス等の救急疾患を担当しています。


これまでの当分野の理念である、診断から治療、そして終末期までの一貫した医療を提供し、病気のみではなく、患者様を直す"患者様のための医療"を展開してまいりました。癌治療においても根治性と安全性を追求した高難度手術や腹腔鏡手術を積極的に手掛けております。また外科的な手術に加え、放射線治療、化学療法などを積極的に取り入れ、集学的治療を行い、患者様主体の治療を進める体制をとっております。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 消化器癌術後予後予測因子の探索
  • 消化器癌増殖・進展因子の探索的研究
  • 肝胆膵手術におけるシミュレーション、ナビゲーションの開発研究
  • 消化器癌栄養指標における癌発育、予後因子との関連性の研究

大学院医学研究科について

担当科目名名称

消化器外科学分野

講義概要

本研究室では分子生物学、病理学、免疫学、生化学的手法等を駆使して消化器癌の術後予後や合併症に関わる因子の研究を行っており、担癌患者特有の腫瘍免疫および炎症免疫に関わるサイトカインネットワークの解明に努力しております。これらの因子に対して、他施設との共同研究を進め、その因子解明の研究を継続しております。大学院生が4年間でその研究成果が充実するように、教職員全員でサポートできるようにいたします。

ページトップ