泌尿器科学

所属長写真

主任教授
大野 芳正
独自のホ-ムペ-ジはこちら

概要

泌尿器科学分野では従来より泌尿器科の診断・治療を中心に診療・研究を推進しています。具体的には前立腺肥大症に対する尿路閉塞機序、排尿機序の基礎的研究をもとにより有効な薬物治療の開発、低侵襲性内視鏡手術の確立を目指しています。
臨床面においてのその多くは、腎細胞癌、尿路上皮癌(上部尿路癌、膀胱癌)、前立腺癌に対する診断・治療が主体であり、これら各種癌の発生機序、新規治療法の開発、低侵襲性治療への取り組みを行っています。特に2006年からは、ロボット支援内視鏡手術に我が国ではいち早く取り組み、現在当該手術に関する我が国における先導的立場を確立しております。

教育内容

主な研究領域(研究内容)

  • 泌尿生殖器腫瘍の治療
  • 前立腺肥大症・尿路結石の最小侵襲治療
  • 泌尿生殖器悪性腫瘍の細胞・分子生物学的解析
  • ロボット支援内視鏡手術

大学院医学研究科について

担当科目名名称

泌尿器科学

講義概要

本研究室では、泌尿器科学におけるさまざまな病態解明の基礎的検討から、実臨床に応用可能な新規治療法・診断法の開発を目指すに足る知識の習得を目指しての講義・実習を行っています。具体的には分子生物学的解析方法の実際、各種動物モデルを使用した新規薬剤の開発、ロボット支援内視鏡手術の新たな手技の開発などに取り組んでいます。また、各種疾患に対するノモグラム作成を試み、客観的指標による治療法選択などを目指しています。
いわゆるトランスレーショナルリサーチの実践をその主眼として大学院教育を実践しています。

ページトップ