医学科・博士課程 学生相談・メンタルサポートシステム

 学生のよろず相談やメンタルな問題に専門の臨床心理士もしくは精神科医が対応するサポートシステムがあります。
なお、相談内容については秘密が厳守されますので、気軽にご利用ください。

1.学生相談室

 青年期は、大人としての自己を形成する心理的変動期でもあります。家族や環境の変化、親からの心理的自立、生き方やアイデンティティの確立や深化、将来の人生設計、修学、クラブ活動、友人関係、異性関係など様々な心理学的発達課題を抱えています。問題、気がかりや心配事などを自分自身がよりよく考えていく上で、一人で抱え込まないことが大切です。自分の感情や思考を、じっくり聞いてもらい、理解してくれる相手がいると、随分と気が楽になり、考えが整理され、新しい視野が開かれやすくなります。
 本学の学生相談室では、専門の臨床心理士のカウンセラーが、臨床心理学の観点から、よろず相談に応じています。どんなことでも遠慮なくご相談ください。必要があれば、学内の他の部署や下記のメンタルヘルス科医師とも連携し、問題解決のための方法をご一緒に考えることができます。電話による相談、ご家族の方からのご相談もお受けいたします。なお、ご相談内容については、基本的に秘密厳守されます。

  • 臨床心理士 花岡敦子、鈴木研司、平山栄治

予約方法:以下のいずれかの方法で面接を予約して下さい。

  1. 予約用メールアドレス(大学・病院キャンパス共用)
    soudan@tokyo-med.ac.jp
  2. 学生相談室:03-3358-4112(開室時間以外は、留守番電話対応)

開室時間:大学キャンパス(中央校舎3階)

       毎週水曜日 午後4時30分~午後6時(看護学科学生対象)
       毎週木曜日 午後4時30分~午後6時(医学科学生対象)

    :病院キャンパス(教育研究棟(自主自学館)4階)
       毎週月曜日 午後4時30分~午後6時(医学科学生対象)

     (窓口)
     医学科学務課:03-3351-6141 内線:227、266(大学キャンパス)
            03-3342-6222 内線:5983、5984(病院キャンパス)

2.大学病院メンタルヘルス科医局

 まずは、上記の学生相談室にご相談ください。しかし、不眠や身体的不調、気分の落ち込みや不安感が強いような場合には、直接メンタルヘルス科の担当者にご連絡いただいても構いません。専門の精神科医が学生諸君の利益となるサポートを考えます。希望があれば外部のメンタルクリニックへの紹介もいたします。
 下記に電話を入れてください。お話を伺い対応いたします。

予約連絡先:大学病院メンタルヘルス科医局:03-3342-6111 (内線:5752~5754)

担当医:

  • 井上猛
  • 市来真彦
  • 高江洲義和
  • 佐藤光彦

       ほか

学生部

 定期的に懇談会を開催し会を通じて、授業やクラブ活動、生活全般についての指導、助言をしています。

学年担任教授制度

 学年ごとに担任教授を配置し、クラス全体、あるいは個々の学生についての学習指導や学生からの相談に応じています。

相談教員制度

 担当教員が、一人の先輩として親しく学生の相談に応じ、助言を与えてくれる制度で、各担当教員が、各学年数名ずつ学生を受け持ち、定期的に会合を持っています。



ページトップ