医学科 教育に関する理念・到達目標・基本方針

理念

健全なる精神のもとで人類の福祉に貢献する医療人を、自主性を重んじて育成する。

到達目標

  1. 礼儀・礼節を備え、他者に尊敬の念をもって接することができる。
  2. リベラルアーツに裏打ちされた広い見地と豊かな教養を身に付け、全人的医療の価値を理解することができる。
  3. 科学的根拠に基づいた医療の知識や技術を、正しく実践することができる。
  4. 医療のプロフェッショナルとしての教育を理解し、行動で示すことができる。
  5. チーム医療において、多職種と協調してチーム医療を行うことができる。
  6. 能動的な学修習慣の修得により、生涯に渡り研鑽を積むことができる。
  7. 予防医学、保健、福祉を通じ、地域医療に貢献することができる。
  8. 国際的視野を有し、世界の人々の安全、健康と福祉に貢献できる。
  9. 医学研究を通じ、科学的思考過程を学び、医学・医療の発展に貢献することができる。
  10. 医学的情報を正しく取捨選択し、ICT(情報通信技術)を効率よく活用することができる。

基本方針

礼節と他者への思いやりを備え、能動的に学ぶ医療人を育成する。基礎医学と臨床医学を融合させて理解し、臓器を超えて全人的に診ることができる医療人を育成する。



ページトップ