治療方法
 
経皮的冠動脈形成術
カテーテルを通して先に長細い風船(バルーン)のついた細いカテーテルを冠動脈の狭くなった部分に進め拡張する方法です.拡張が風船のみで不十分な場合には,さらにその部分で金属製の網目状の円筒(ステント)を拡張し中側から保持することもあります.
アテレクトミーはカテーテルの中に仕込んだ回転刃で動脈硬化を削り取る方法です.
ロータブレーターはダイヤモンドをちりばめたビーズを取り付けたカテーテルを血管の中で高速回転して動脈硬化を摩滅させる方法です.
経皮的不整脈治療
不整脈の原因となる心臓内の異常な電気回路をカテーテルを通じて高周波電流を流して焼き切り電気が流れないようにする方法です.
低侵襲冠動脈バイパス手術
人工心肺を用いずに,心臓が動いている状態で行うバイパス手術で,小さな傷で行う方法もあります.
人工血管内挿術  詳細
人工血管を被せた金属コイル(ステントグラフト)をカテーテルを通して動脈瘤の部分に運び,動脈瘤を内側から支えてその拡大を予防し破裂を防ぐ方法です.
血管形成術
冠動脈形成術と同様にカテーテルによって末梢の動脈を拡張させる治療です.
血栓溶解治療
血栓(血の固まり)により閉塞した動脈までカテーテルをすすめ,直接に血栓溶解薬を注入し血栓を溶かし再開痛させる方法です.引き続いて血管形成術を行うこともあります.
肺塞栓予防
骨盤内や下肢の静脈にできた血栓が肺に移動しないように,傘の骨の形をしてフィルターをカテーテルを通 して下大静脈に留置する方法です.


[HOME]
[対象となる病気] [治療方法] [大動脈瘤・解離の手術] [ステントグラフト内挿術]
[東京医科大学HOME] [東京医科大学第二外科] [東京医科大学第二内科]

Produced by Center for Minimally Invasive Treatment of Cardiovascular Diseases. All Rights Reserved.
Last up date 2005-06-20