Research

  • Japanese
  • English

癌とmicoRNA

癌は、日本人の死因の第一位を占めており、幸福に天寿を全うできる社会の実現のためには、癌の克服は重要な研究テーマと考えられます。近年疾患の原因分子に直接的に作用する分子標的医薬が注目されています。癌治療においても、抗体医薬や酵素活性を阻害する低分子化合物が臨床に用いられ大きな成果が上がっています。一方、癌の増殖には、Rasなど細胞内伝達物質や、c-Mycなどの転写因子が極めて重要な役割を果たしますが、これらの分子に対しては、既存の抗体医薬、低分子化合物、siRNAでは完全に作用を阻害できないため、新たな治療のイノベーションが必要と考えます。

microRNA(miRNA)はタンパク質をコードしない20塩基長前後の小RNAで、標的となるRNAの発現を抑制し、生体の様々な生理活性を制御します。特に癌との関連が深い事が明らかになり、従来の手法では標的にできない癌遺伝子に対してmiRNAを用いた治療法の開発が期待されています。
このような背景から、我々はこれまでに、(1)RNase活性のある血清中に安定的にmiRNAが存在すること、(2)種々の癌患者血清中にmiR-92aの発現が低下すること、(3)血清中のmiRNAはエクソソームに存在しRNaseに抵抗性であること、(4)細胞で作成した人工エクソソームは他の細胞にも取り込まれ、それを取り込んだ細胞の形質を変化させうる事を明らかにしてきました。  
このような背景から我々は現在、細胞を用いた効率的な人工エクソソームの作成を試みています。  
エクソソームは、細胞内小顆粒で、生理的に体内を循環していることから、ホルモンのような働きをしている事が想定されています。また、miRNAは従来のsiRNAと違い内在性のRNAであることから、極めて安全性が高いと考えられます。さらに、癌は、発生部位や組織系が同じでも、ゲノムに変異があるため、いわゆる個別化医療が重要です。したがって、治療前に遺伝子やmiRNAのプロファイリングを行ない、最適なmiRNAの選択をし、エクソソーム化して患者に投与することで、高度な個別化医療の実践が期待出来ることから、本治療法の推進は新たな癌治療の創薬として大きな社会的な意義と、科学技術の発展に寄与するものと考えています。

脂肪肉腫におけるt(12;16)染色体転座 3D-FISHにおけるt(12;16)染色体転座 粘液型脂肪肉腫の組織像
 脂肪肉腫におけるt(12;16)染色体転座  3D-FISHにおけるt(12;16)染色体転座      粘液型脂肪肉腫の組織像

東京医科大学