新年のご挨拶 理事長 臼井正彦 学長 鈴木 衞

150105usui.png

 明けましておめでとうございます。

 今年は乙未(きのとひつじ)の年であり、開運方位学的には「三碧木星」の年で、前向き、若さ、勇気、勢い、独立心など「気」にあふれる、とされています。創立100周年を来年に控える本学としては、まさに気にあふれ、勢いよく、大いなる節目に向かって仕上げの年にしていく所存です。
 本学は、校是の「正義・友愛・奉仕」と建学の精神である「自主自学」を基に、創立以来99年間にわたり社会に貢献する医療人を育成し、我が国の医療の発展に貢献してまいりました。しかし、いま、我が国の社会環境の大きな変化とともに、医療の機能・役割も大きな変革を求められています。また、医療技術の進歩もその加速度を増し続けています。本学としては、100年の歴史を大切にしつつ医療の技術と質の向上をリードし、次の100年に何をすべきかを見据えて進化し続けたいと考えています。
 本年も引き続き皆様方からのご指導を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

学校法人東京医科大学
理事長 臼井正彦


150105suzuki.png

 明けましておめでとうございます。

 旧年中は多大なご支援とご協力を頂きましたこと、深く感謝申し上げます。
 昨年は教育・研究・診療それぞれの分野において改善やさらなる向上が図られ、お陰様で上昇気流を掴むことができた年になりました。
 本年は、来たる2016年に創立100周年を迎えることを念頭に、次なる100年に向けた基盤形成に重点を置きたいと思います。そのために"オール東医"の体制で諸課題に取り組んでいく所存です。もちろん本学が100年間大切にしてきた人間らしいコミュニケーションもより深めてまいります。
 皆さまのご活躍と、本学への一層のご支援、ご協力をお願いし、新年のご挨拶とさせていただきます。

東京医科大学
学長 鈴木 衞

ページトップ