社会貢献

平成28年7月30日(土)第2回東京医科大学市民公開講座(於 大学キャンパス)【事前申込受付終了しました】

「知ることが、チカラになる。」

 昨今、我が国では、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など大規模地震が頻発し、東京においても、今後30年以内にマグ二チュード7クラスの首都直下型地震が発生する確率が70%程度であると言われておりいつ起きるかわかりません。このような状況の中で、私たちは、普段から常に防災意識を持って、災害に備えた準備をしておく必要があります。

 本講座では、各家庭でできる食糧品の備蓄方法や、レスキューフーズやアルファ米など備蓄食糧の試食、避難所の種類と避難所に指定されている本学の役割についてのお話など、災害対策に役立つ情報を、災害看護のエキスパートである本学医学部看護学科の山﨑達枝准教授がご紹介します。



演 題

「備えていますか?災害対策 ~もしもの時の食事と避難所~」


講 師:東京医科大学医学部看護学科准教授 山﨑達枝
日 時:平成28年7月30日(土) 
    開場14:00 開演:14:30 閉演:16:00(予定)
会 場:東京医科大学 基礎新館4階 412講義室
    ※東京医科大学病院(西新宿)ではありません。
入場料:無 料
申込み:事前申込制(定員100名)  *ポスター拡大版はコチラ>>

参加希望者は氏名(フルネーム・よみがな)・電話番号・参加人数を下記までお申込みください。定員になり次第締め切ります。


【申込先・お問い合わせ先】
 東京医科大学総務部広報・社会連携推進課
  TEL:03-3351-6141 FAX:03-6302-0289
  E-mail:d-koho@tokyo-med.ac.jp
  申込締切:7月22日(金)7月27日(水)

主 催:東京医科大学
企 画:東京医科大学医学部看護学科地域貢献活動委員会

ページトップ