法人・大学

創立100年目の学祖墓参

学祖高橋琢也先生の墓 雑司ヶ谷霊園にて 墓前に手を合わせる鈴木学長 学祖 高橋琢也先生(初代理事長)

 9月20日(火)、春と秋の彼岸に恒例となっている、本学役員による学祖高橋琢也先生の墓参りを行いました。

 本学の源流となる東京医学講習所が開講したのが、1916年9月11日。
ちょうど100年目の墓参りということになりました。

 高橋学祖の墓は、多くの著名人が眠る東京都豊島区雑司ヶ谷霊園にあり、あいにくの天候の中、臼井正彦理事長、鈴木衞学長、行岡哲男総務担当常務理事らが、100年分の感謝の意と次の100年に向けた決意を胸に、墓前に手を合わせました。



◆学祖高橋琢也先生の略年表はこちら>>

◆東医100年の軌跡はこちら>>

ページトップ