新大学病院建設

平成29年11月の工事状況

201711.jpg

秋から冬へと季節が移り替わる11月、現場では10月30日から始まった鉄骨建方も5階床の梁を取り付けるところまで進んでいます。

201711-00.jpg

201711-1.jpg
空からの撮影(平成29年11月22日)
201711-2.jpg
本館屋上からの撮影(平成29年11月29日)
201711-5.jpg
青梅街道側からの撮影(平成29年11月28日)


2階の床からは鋼製床デッキの上にあらかじめ鉄筋が溶接してあるフェローデッキを全面的に使用して省力化を図っています。
鉄骨を組み立てていくため(建方)の高さ方向のまとまりを「節」と呼びますが、11月は1節(2・3階床梁まで)が完了し、現在、2節(4・5階床梁まで)に着手しているところです。最終的には9節分まで建方を行います。

201711-4.jpg

地上鉄骨建方、デッキ敷込状況(平成29年11月10日)

地下階においては耐火被覆工事が地下1階で始まりました。これにより、火災が発生しても鉄骨が守られます。又、コンクリートの壁よりも軽量ながら耐火性に優れたALCパネルという乾式の間仕切壁の取付も行っています。

201711-6.jpg

B1F耐火被覆吹付状況(平成29年11月30日)

▼新大学病院建設計画サイトはこちら>>

ページトップ