研究活動

平成30年1月31日(水)開催 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「RNAメタボロームによる細胞内小胞体の解明に基づいた革新的がん治療法の開発」中間報告会開催のお知らせ

平成27年度採択 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業『RNAメタボロームによる細胞内小胞体の解明に基づいた革新的がん治療法の開発』(事業番号S1511011)の中間報告会を開催いたします。

日時:平成30年1月31日(水)18:00~19:40

場所:東京医科大学病院 教育研究棟(自主自学館)3階 大教室 (アクセス

プログラム ポスター拡大はこちら>>

1.開会の辞                        学 長  鈴木 衞

2.プロジェクトの概要と今後の課題 

           プロジェクト長 分子病理学分野 主任教授  黒田 雅彦

3.研究進捗報告

Ⅰ. 研究機器整備進捗状況

(1)  免疫チェックポイント分子と細胞内微小構造を可視化する超解像顕微鏡システムの確立

                      免疫学分野 主任教授 横須賀 忠

Ⅱ. 研究基盤形成進捗状況 

(1)  miR-34aによるがん抑制遺伝子BLUの発現誘導機構の解析

                     分子病理学分野 講師 大野 慎一郎

(2)  慢性骨髄性白血病における治療中止とextracellular microRNA

                    血液内科学分野 主任教授 大屋敷 一馬

(3)  Cell free DNAを用いた肺癌に対するPrecision Medicineの有用性

                  呼吸器・甲状腺外科学分野 教授 大平 達夫

(4)  がん微小環境における間質由来分泌小胞の役割

      医学総合研究所 分子腫瘍研究部門・血液内科学分野 講師 梅津 知宏

4.総合討論 

5.外部評価委員のご意見 

6.閉会の辞 

ページトップ