新大学病院建設

平成30年5月の工事状況

201805-title.jpg

5月で各階の床コンクリート打設が完了しました。

201805-0.jpg

201805-1.jpg
空からの撮影(平成30年5月22日)
201805-5.jpg
青梅街道側からの撮影(平成30年5月31日)

外装工事は高層階部分のGRC(ガラス繊維補強セメント)が18階まで取付完了し、6月2日には全て施工完了予定です。6月以降は、全フロアで内装工事がメインの工事となります。

201805-2.jpg

10階~19階GRC取付完了状況(平成30年5月24日)

低層内装工事は、地下部分で一部天井の下地工事が始まりました。今後の仕上げ工事の流れとしては、天井、壁、床と部屋の上から下に進めるのが基本になります。高層内装工事では、EVのあるコア周りを先行して耐火被覆工事と区画壁のLGS・ボード工事を行いました。建物外部では各所でアスファルト防水工事を行っています。

201805-4.jpg

11階床塗膜防水施工状況(平成30年5月21日)

4階北にあるCT室は、X線を使用するため壁には鉛ボードを仕込みます。また、MRI室は嵩上げコンクリートの打設を終えて珪素鋼板と銅箔によるシールドが完了しました。

201805-6.jpg

4階CT室鉛ボード施工状況(平成30年5月18日)


その他の仮設工
事では低層階にエスカレーターが設置される吹抜部分には足場をかけて建築工事を進めています。また昨年から稼働しているタワークレーン3機(風神・雷神・天神)が役目を終え、6月末から解体予定です。

▼新大学病院建設計画サイトはこちら>>

ページトップ