看護学科長挨拶

無限に広がる看護の舞台

towards_image03.jpg
学長/看護学科長 鈴木 衞

 医学や看護学のあり方は、科学や技術の発達により著しく変化してきました。医療がカバーする分野は、高齢者の増加に伴い急性疾患の治療だけでなく、緩和医療、在宅医療などと広がり、多様な場面での専門的な知識が必要とされています。また、医療の高度化によって多職種から成るチームアプローチの重要性が増してきました。チーム間の良いコミュニケーションはチーム力と医療安全を強化します。さらに、思いやりのある言葉や非言語コミュニケーション、すなわち表情、しぐさ、雰囲気などが患者さんを励まし、心身の安定をもたらすこともよく知られています。

 東京医科大学は、良い医療チームの確立をめざして、医学科、看護学科、東京薬科大学の学生間で多職種連携教育を行っています。また、本学は「自主自学」を建学の精神としており、学生の皆さんには積極的な勉学姿勢と生涯にわたって研修し続ける意欲を期待しています。さらに、知識や技術が実地で有効に活用できるように、全国でも有数のシミュレーション設備を備えています。

 看護師の仕事は、様々な環境下で患者さんが人間らしく生きられるよう心身両面を支えるという、目的が明確で崇高な仕事です。患者さんの身になって心を理解し、支え癒す精神は、まさに本学の校是である「正義・友愛・奉仕」そのものと言えます。これは、昨年策定した東京医科大学のミッション「患者と共に歩む医療人を育てる」が目指すところでもあります。

 昨今、世界では様々な出来事が起こっており、混迷が増しているようです。しかし、どのような時代であっても医療・福祉という仕事の重要性は変わりません。これを誇りとしてゆるがない姿勢で学業に精励してほしいと思います。

 情報が集まり、優れた文化や芸術に触れる機会の多い都心新宿で有意義な学生生活を送り、卒業後は東京医科大学の精神を培った皆さんの力で一人でも多くの患者さんが癒され回復することを願っています。

ページトップ