看護学科長挨拶

abeyukie.jpg
看護学科長 阿部 幸恵

 本学の設立は、1916年、大正時代です。当時、日本医学専門学校(現日本医科大学)の学生たちが自らの理想とする学問の場を自分たちの手で実現させようと同盟退学をし、幾多の困難を乗り越えて、本学の前身である東京医学講習所を設立しました。この歴史からも、当時の学生たちの学びへの強い意志が長い時を経て伝わってきます。

 近年、初等教育から高等教育に至るまで、主体的に学ぶ力、能動的に物事に取り組む力の重要性が叫ばれておりますが、本学においては、設立時より「自主自学」を建学の精神として掲げ、自ら学び未来を切り拓く人材の育成に力を入れてきました。また、「正義・友愛・奉仕」を校是とし、人々と助け合いながら、常に正しい意思で最高の医療の提供を行うことで社会に貢献できる多くの医師を社会に送り出してきました。
 また、本学は、看護職者の教育にも古い歴史があります。1946年(昭和21年)新宿キャンパス内に開校した東京保健女子学院での教育が、本学の看護教育の始まりとされており、1960年代には、3年制の看護専門学校となりました。2013年、医学部に看護学科を新設し、当学科が看護学教育を引き継ぐことから看護専門学校は2016年に50回生の卒業をもって閉校となりました。閉校までの間に約33,000名余の看護師を輩出し、その卒業生は東京医科大学病院はもとより全国各地、海外で活躍しています。

 看護学科はこのような歴史の延長線上にあり、医学生と看護学生が同じキャンパスで育ち、医師・看護師として巣立ってきた歴史があります。看護学の学士課程としての歴史は浅いですが、このような本学の歴史的な特徴を活かして医学科・看護学科の学生たちが共に学び、共に考える場を大切にした教育を展開していきたいと思っています。
 現在、医学科生・看護学科生を対象とした共通科目も設けています。また、本学は、東京薬科大学と姉妹校であることから、医学・看護学・薬学の学生たちが参加する多職種連携シミュレーション教育も導入しています。さらに、少人数教育でグループワークや演習形式の教育、eラーニングやeポートフォリオなどのICT教育、国際看護を体験から学ぶ海外でのフィールドワーク、実践さながらのシミュレーション教育など学生が主体的に学ぶ機会を数多く導入しています。さらに、実践力を伸ばすために重要な病院にも恵まれています。西新宿に特定機能病院である大学病院、東京都八王子市と茨城県阿見町にも大学の附属病院を有し、高度な医療とともに地域医療の実践の場での実習が可能です。
 看護師の活躍の場は拡大し多様化しています。海外を含むさまざまな場所で活躍する看護師・保健師・助産師、専門性を極めた高度実践看護師、後輩の育成にあたる看護教育者、管理者、研究者など、看護師には多くの可能性が拓けています。
 本学の建学の精神と校是を十分に理解し、優れた看護職者になるために必要な基礎知識・技術を主体的に学ぶ姿勢と、4年間の学生生活を乗り切る強い意志を持った学生を求めています。
 さあ、東京医科大学医学部看護学科で学んでみませんか?

ページトップ