看護学科

“新しい看護”のあり方を追求し
人の心に寄り添える人材を育てます

「変化する社会のニーズを見極め、"新しい看護"のあり方を追求できる人材を育成したい」―そんな想いから、2013年に看護学科を新設しました。建学の精神である「自主自学」に基づき、学生たちが主体的に学び、豊かな教養・高い倫理観、看護の専門的知識と実践能力を修得していくことができるように支援しています。本看護学科は、将来、"グローバルな視点から社会のニーズを迅速かつ的確にとらえ、あらゆる場面で状況に応じたヒューマンケアが提供できる"看護職者の育成を目指しています。

看護学科3つの特徴

1

国内最高レベルの
シミュレーション教育

学内演習の場としてシミュレーションセンターを常備しています。実際の看護場面を再現した状況で演習を行うことで、看護を実践するための思考プロセスを訓練し、さまざまな事態に対応できる応用力を養うことができます。

看護学科の特徴1の画像
2

ICTを活用した
教育環境の充実

入学時に学生全員にiPadを無料で配布しています。41科目のテキストが入ったアプリにより、いつでも予習復習が可能です。授業の事前課題や資料、教材などを閲覧・ダウンロードできる「e-ラーニング」の活用など、ICTを活用した教育環境を充実させています。

看護学科の特徴2の画像
3

グローバル&ローカルな
視座で看護を考える

国や人種や文化の違いを超え、世界中の人々の健康と生活を支援できる基礎的な力を養うため、語学教育の充実、海外大学との交流やフィールドワークなどの教育に力を入れています。

看護学科の特徴3の画像

看護学科長 阿部 幸恵

「看護学」を学び、
将来、多様な場で活躍できる看護職者を育てます。

近年、高齢者人口の増大や医療技術の進歩、健康意識や価値観の変化などにより、看護ケアのニーズが多様化・複雑化しています。
これからの日本は、病院だけで医療が完結する時代ではなくなり、地域やコミュニティ、家族といった“人々の暮らしの場”で個々に応じた看護ケアの提供が求められます。

「看護学」は実践の科学です。本看護学科では、これを技術だけではなく教養を含めた学問であるととらえ、4年間の学士課程で、想像する力・問題を発見する力・論理的に思考する力・人とより良い関係を築く力・主体的に学ぶ力などを「看護学」として修めていきます。
そして、将来、国内外の多様な場で、多職種と連携しながら社会に貢献できる看護職者としての素地を育てます。

ページトップ