看護学科 学生相談

 本学では、皆さんが充実した大学生活を送れるように、学生生活をはじめとしたさまざまな悩み、問題について相談できるようサポートしています。自分ひとりで悩まず気軽に相談してみてください。

担任制度

 本学看護学科では、学修支援、学生生活支援、キャリア支援などに関して、個別に相談、指導、助言ができるよう、学生15人程度に1人の専任教員を配置しています。
 担任制は、1年次から3年次まで実施し、原則として同じ担任教員が、学生の個別指導にあたります。また、4年次にはゼミ担当教員がこの役割を担います。

オフィスアワー制度

 オフィスアワーとは、教員が学生の皆さんのために研究室を解放している時間帯です。講義内容や学修上の質問等、学生生活の中で起こるさまざまな悩みについて、教員が相談に応じます。学生の皆さんは、気軽に研究室を訪問し、積極的に教員とのコミュニケーションを図ってください。
 なお、オフィスアワーの時間帯は、各科目のシラバスに掲載していますので、時間帯を確認して相談した教員の研究室を訪問してください。

学生相談室

 臨床心理士の資格を持った専門のカウンセラーが相談に応じます。1回の相談時間は、1時間位かけますので、原則として予約をしてください。また、必要な場合には、何度でも継続的に相談することも出来ます。相談事項・相談内容などの秘密は、厳重に守られますので、ひとりで悩まず気軽に相談してください。

相談窓口

大学キャンパス(中央校舎3階実習室横)
水曜日 16:30~18:00(臨床心理士 花岡 敦子)※看護学科学生担当
木曜日 16:30~18:00(臨床心理士 鈴木 研司)

病院キャンパス(教育研究棟(自主自学館)4階)
月曜日 16:30~18:00(臨床心理士 花岡 敦子)

【申し込み方法】
Eメール(大学・病院キャンパス共有):soudan@tokyo-med.ac.jp
大学キャンパス学生相談室直通電話:03-3358-4112(開室時間外は留守番電話対応)
病院キャンパス学生相談室内線電話:03-3342-6222(内線6083)

※看護学科学生の時間は、上記の時間帯となりますが、基本的にどの曜日でも対応できます。
※開室時間に変更がある場合は、e自主自学の掲示板等でお知らせします。


ページトップ