学術総会・シンポジウム
メ  イ  ン  テ  ー  マ 学  会  長
第34回  平成30年10月 ストレスの多面的解釈に向けて
−基礎からマネジメントまで−
平松 正行
(名城大学)
第33回  平成29年10月 ストレスチェック制度のその後 山田 冨美雄
(関西福祉科学)
第32回  平成28年10月 ストレスとレジリエンス
−概念から基礎,臨床,そして社会へ−
渡邊 衡一郎
(杏林大学)
第31回  平成27年11月 環境とストレス 再考 角田 透
(杏林大学)
第30回  平成26年11月 社会が求めるストレス研究とストレス対策 村上正人
(日本大学)
第29回  平成25年11月 社会貢献できるストレスバイオロジー研究をめざして 六反一仁
(徳島大学)
第28回  平成24年11月 ストレス科学は地域をどう支援できるか? 坂野雄二
(北海道医療大学)
第27回 平成23年11月 格差社会におけるストレスから分子生物学的ストレス研究まで 下光 輝一
(東京医科大学)
第26回 平成22年11月 ストレス科学の進歩と応用 久保 千春
(九州大学)
第25回 平成21年12月 青年期のこころを支える 宮岡  等
(北里大学)
第24回 平成20年10月 Stress Communication
−安寧のライフスタイルを求めて−
森本 兼曩
(大坂大学)
第23回 平成19年11月 ストレス社会を共に生きるために
−心身の癒しを科学する−
武田 弘志
(国際医療福祉大学)
第22回 平成18年11月 ストレス科学の基礎と臨床の融合 佐々木大輔
(弘前大学)
第21回 平成17年10月 ストレス・マネジメントの実際 大野 裕
(慶應義塾大学)
第20回 平成16年11月 環境とストレス相関 相澤 好治
(北里大学)
第19回 平成15年11月 心身症とストレス 久保木富房
(東京大学)
第18回 平成14年 現代社会とストレス戦略 飯森眞喜雄
(東京医科大学)
第17回 平成13年 21世紀のストレス科学の可能性を探る 田中 正敏
(久留米大学)
第16回 平成12年 福祉とストレス 福渡  靖
(山野美容芸術短期大学)
第15回 平成11年 21世紀に向けてのストレス科学の展開 吾郷 晋浩
(国立精神神経センター)
第14回 平成10年 ストレス科学の多元的総合に向けて 浅井 昌弘
(慶応義塾大学)
第13回 平成9年 ストレスと健康づくり 野崎 貞彦(日本大学)
第12回 平成8年 現代社会におけるストレスをめぐる諸問題
−その実態と対応を考える−
並木 正義
(旭川医科大学)
第11回 平成7年 ライフサイクルとストレス 長谷川和夫
(聖マリアンナ医科大学)
第10回 平成6年 身体的ストレスと精神的ストレスの接点を探る 岩根 久夫
(東京医科大学)
第9回 平成5年 ストレス性健康障害を探る 筒井 末春
(東邦大学)
第8回 平成4年 ストレス ―その内と外ー 小此木啓吾
(慶応義塾大学)
第7回 平成3年 クオリティーオブライフとストレス 高田 勗
(北里大学)
第6回 平成2年 グローバルな視野からのストレス対処の功罪 桂 戴作
(日本大学)
第5回 平成元年 ストレスのマネージメントとセラピー 大原健士郎
(浜松医科大学)
第4回 昭和63年 産業社会構造化におけるストレス
―そのキーワードを求めて―
梅沢  勉
(日本大学)
第3回 昭和62年 よりよいストレス対処法の確立を目指して 本明  寛
(早稲田大学)
第2回 昭和61年 現代社会のストレスを探る 小泉  明
(東京大学)
第1回 昭和60年 ストレス科学の確立を目指して 鏡  光長
(聖マリアンナ医科大学)