学術総会・シンポジウム

日本ストレス学会・日本産業精神保健学会共催 国際学際交流シンポジウム
「フィンランドに学ぶ働き方改革 ~持続可能な働き方と健康・幸福~」

※案内パンフレッドはこちらから

わが国では,「働き方改革」にみられるように,持続可能な働き方に行政,産業界の注目が集まっています。産業保健における「持続可能な働き方(Sustainable work)」に関する研究では,フィンランドは他の北欧諸国とともに,世界をリードしています。

このシンポジウムでは,「持続可能な働き方」についてフィンランドの研究者と意見交換を行い,働く人びとの健康と幸福の向上に向けた方策について考えます。

 

<概要>

〇日 時:2018922()1330分~1640(1300分 開場)

〇場 所:慶應義塾大学南校舎ホール

108-8345東京都港区三田2-15-45

https://keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

〇参 加 費: 無料(事前申込制),懇親会は5,000円(先着40名)

〇申込方法:以下のサイトから必要事項を入力下さい。

https://hp3.jp/fin18/form.html

〇共 催:慶應義塾大学パネルデータ設計解析センター,日本産業精神保健学会,日本ストレス学会,フィンランドセンター(五十音順)

〇同時通訳あり

〇シンポジウム事務局

北里大学一般教育部人間科学研究センター内

国際学際交流シンポジウム事務局

e-mail: jpfin.2018@gmail.com

 

<プログラム>

〇開会あいさつ 13:30-13:35

角田透(了徳寺大学医学教育センター 教授,日本ストレス学会副理事長,日本産業精神保健学会業務執行理事)

 

〇基調講演 13:35-14:25

Give me a break! The importance of recovery for workers' health, well-being and work performance

Jessica de Bloom (Academy of Finland Research Fellow & Rosalind Franklin Fellow, University of Tampere (Finland) & University of Groningen (Netherlands))

【座長】

島津明人(北里大学一般教育部教授,日本ストレス学会理事,日本産業精神保健学会業務執行理事)

〇パネルディスカッション 14:35-16:35

【パネリスト】

 Mikko Härmä (Finnish Institute of Occupational Health)

 「How to improve work-life balance and recovery by working hours?

 Jari Hakanen (Finnish Institute of Occupational Health)

 「The relative importance of eight job resources for work engagement in 11 different

 Anne Mäkikangas (University of Tampere)

 「Personality and work engagement: job crafting as a mediator

 Anna-Maria Wiljanen (フィンランドセンター所長)

【指定発言】

黒田祥子(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

【座長】

高橋正也(労働安全衛生総合研究所産業疫学研究グループ部長)

〇閉会挨拶 16:35-16:40

山本勲(慶應義塾大学商学部教授,慶應義塾大学パネルデータ設計解析センター長)

〇懇親会 17:30