研究

3. <細胞周期研究>p53非依存性癌抑制機序の解明--癌細胞特異的な細胞周期停止と細胞死シグナル経路の基礎研究

正常細胞と比較して癌細胞の細胞周期停止と細胞死誘導に占めるp53非依存性経路の寄与は極めて重要であり、この経路を構成する詳細な分子メカニズムを解明することが将来癌細胞特異的な細胞周期停止と細胞死誘導を達成するためには有力な手段を提供すると考えられる。この考え方に基づいて、p53非依存性癌抑制機序を細胞周期制御関連分子である新たな癌抑制分子ik3-1/Cablesやその下流因子CR/Periphilin/CRA-1をモデルとして検討している。