東京医科大学病院 総合診療科 本文へジャンプ

総合診療科診療案内はこちら


東京医科大学病院 総合診療科の

              臨床研修について,ご案内いたします。


東京医科大学病院 

総合診療科 臨床研修 について



はじめに

                                          

東京医科大学病院 総合診療科 兼任教授 大滝 純司



 東京医科大学病院合診療科の社会的使命は「適切なプライマリ・ケアをあらゆる人に提供することに貢献する」であり,活動目標は「東京都心にプライマリ・ケア教育の拠点を作る」ことにあります。
 大学病院は,臨床医学教育の中心にありながら,プライマリ・ケア教育が行いにくい場です。このため,プライマリ・ケア領域に興味がある医学生・医師は大学を嫌う傾向があります。しかし,幅広い機能を持った巨大な組織であり社会資源である大学という存在を避けるのではなく活用することは,プライマリ・ケア教育に重要な意味があります。医学生や多様な医療者が学ぶ,そして大勢の患者さんが診療を受ける大学という場でもプライマリ・ケアを学び,実践し,理解を深めることが,今,求められているのです。大学だけでは不足しがちな点は,診療所や地域の病院と連携し,外部に開かれたバランスの取れた教育にすることが重要で効果的です。当科は,外部の多くの医療機関等と協力関係を作り交流しています。
 プライマリ・ケア教育の核になる活動の一つが,後期研修プログラムです。プライマリ・ケアの後期研修と言っても,その先には,診療所などで主に活動する家庭医,中小の病院を中心に活動する総合内科医,あるいは離島・遠隔地医療や国際医療協力など,様々な領域に進路が広がっています。当科は,大学という大きく多様な組織の利点を生かして,様々な志望にあわせた,プライマリ・ケア領域の後期研修を支援します。もちろん,プライマリ・ケア領域の認定医・専門医の取得も全面的に支援しています。
 基本的な臨床能力をしっかりと身につけ,また高度先進医療や研究活動も含めた大学内外の学習の場を色々と活用して,充実した後期研修を展開していきましょう。
 当科では,プライマリ・ケアの生涯教育も重視しています。
     ・開業を考えている
     ・臓器別の専門以外に幅広い診療能力を身につけたい
     ・プライマリ・ケア教育の研究がやりたい
     ・学生や研修医と共にプライマリ・ケアを学びたい
     ・臨床を離れていたがプライマリ・ケアの研修がしたい
 このような意欲を持った医師を応援しています。どうぞいつでも
ご連絡ください。


●OB(遠井先生・関先生・赤石先生)からの声を掲載します!!



東京医科大学病院 総合診療科 では,

         臨床研修医を募集しております。

           

募集に関するお問い合わせは・・・・

            Mail ←メールでお問い合わせください。
                      ご返事には,多少のお時間をいただきます。
                      研修医募集以外のお問い合わせには,ご返事をいたしかねます。



東京医科大学病院 総合診療科

  臨床研修プログラムをご紹介いたします。


  後期研修プログラムを公開しております。PDFファイルをダウンロードして,ご覧下さい。

     家庭医療研修コース  ←クリックしてください。


     総合診療研修コース  ←クリックしてください。

総合感染症診療研修コース  ←クリックしてください。



プログラムの概要は,こちらからご覧いただけます。



後期臨床研修プログラム click

初期臨床研修プログラム 
click



後期臨床研修プログラム


家庭医養成コース
総合内科医養成コース
内科臓器別専門医養成コース
離島・遠隔地医療担当医養成コース
国際医療協力人材支援コース


希望するコースをクリックしてください。


家庭医養成コース

1.プログラムの概要
 家庭医として開業するためには、幅広い病態・疾患に対する経験と知識が必要であり、内科各領域および周辺領域のプライマリ・ケアができることを目標とします。3年間の後期研修を通じて、@患者のケア、A医学的知識、B診療活動に基づいた学習とその改善、C人間関係とコミュニケーション技術、Dプロフェッショナリズム、Eシステムに基づいた診療ができる医師を目標に研修していきます。
 当初の1年間で、日本内科学会・認定内科医を取得できるための研修を行います。将来、就職する診療所の立地条件に応じて開業医のニーズは異なってきます。後期研修医ひとりひとりの希望と必要に応じて研修を選択できます。
 研修終了後は、総合診療科スタッフとしてさらに研修を行うことも可能ですし、市中の医療機関に就職希望する場合には、その就職活動を支援します。
 後期研修医は家庭医となるために3年間の後期研修を通じて以下の研修目標を満たす必要があります。
@患者の健康増進の維持、急性疾患への対応、慢性疾患の管理、あらゆる健康問題へ対応するにあたり、患者を中心におき、家族にも配慮した医療を提供できる医師となる。(患者のケア)
A患者診断、治療するにあたり、生物医学的観点、臨床医学的観点、疫学的観点、社会行動学的観点において確立された最新の知識を患者に適応できる医師となる。(医学的知識)
B自らが行う医療、診療業務に対しての問題点を把握し、それを評価することにより自らの医療を継続的に向上できる医師となる。(診療活動に基づいた学習とその改善)
C患者、家族、医療スタッフと効果的に情報交換を行い、チームとして働くことのできる医師となる。(人間関係とコミュニケーション技術)
Dプライマリ・ケアの専門家として、責任の遂行、医療倫理の原則に忠実であり、様々な患者ニーズに応えるためのプロ意識をも医師となる。(プロフェッショナリズム)
E自らが提供している医療が医療システムの枠組みの中で機能している事を理解し、患者ケアの質を向上させるためにその医療システムの資源を効果的に活用し、向上させることができる医師となる。(システムに基づいた診療)

2.指導責任者:大滝純司(総合診療科教授)

3.主な指導者:平山陽示(総合診療科准教授),原田芳巳(総合診療科講師),小宮英明(総合診療科助教),

4.年度毎の研修内容
1年目

総合診療科(6ヶ月) 内科A(3ヶ月)*1 内科B(3ヶ月)*1
*1 血液内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、アレルギー(喘息)内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、消化器内科、感染症科目(仮称)から選択。

2年目
総合診療科(6ヶ月)*2 小児科(3ヶ月)*3 選択(3ヶ月)*3
*2 同時に週1回、上部消化管内視鏡、腹部超音波検査を研修する。
*3 市中病院での研修も可能。
選択:内科、産婦人科、メンタルヘルス科、救急救命センター、整形外科、形成外科、皮膚科のいずれかを選択できる。

3年目
東京医大関連病院(一般内科)もしくは診療所での研修(1年間)

5.取得できる資格
 日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定内科専門医、日本プライマリ・ケア学会認定医、日本プライマリ・ケア学会専門医など

6.処遇・待遇
・初期の3年間は後期研修医として月額20万円が支給されます。当直を行った場合は1回につき9,800円が支給 されます。
・週1日(半日ずつであれば2日)の院外勤務が可能です。これに対する給与は勤務先から支給されます。
・健康保険、厚生年金、労災保険に加入します。

7.その他
 家庭医には、内科を中心とした全人的な医療が要求されています。都心の大学の専門的な医療と連携をしながらプライマリ・ケアを学ぶことができるコースです。
 日本家庭医療学会の研修目標に到達することを目指しています。


指導医につきましては、スタッフからのメッセージもご参照ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。


総合内科医養成コース

1.プログラムの概要
 総合内科医として病院勤務するためには、内科一般の幅広い病態・疾患に対する知識と経験が必要であり、内科各領域および救急救命措置ができることを目標とします。
 当初の1年間で、日本内科学会・認定内科医を取得できるための研修を行います。また、東京医大関連病院での研修が可能です。将来、就職する病院の規模に応じて総合内科医ニーズは異なってきます。後期研修医ひとりひとりの希望と必要に応じて研修を選択できます。
 後期研修終了後は、東京医大総合診療科スタッフとして残ることや、海外の病院での研修を受けることも可能です。日本内科学会・認定内科専門医を取得できるための準備もできます。また、市中の医療機関に就職を希望する場合は、その就職活動を支援します。

2.指導責任者:大滝純司(総合診療科教授)

3.主な指導者:平山陽示(総合診療科准教授),原田芳巳(総合診療科講師),小宮英明(総合診療科助教)

4.年度毎の研修内容
1年目
総合診療科(6ヶ月) 内科A(3ヶ月)*1 内科B(3ヶ月)*1
*1 血液内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、アレルギー(喘息)内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、消化器内科、感染症科目(仮称)から選択。
2年目
総合診療科(6ヶ月)*2 救急救命センター(3ヶ月) 選択(3ヶ月)
*2 同時に週1回、上部消化管内視鏡、腹部超音波検査を研修する。
選択:内科、メンタルヘルス科、救急救命センター、放射線画像診断、内視鏡センターのいずれかを選択できる。
3年目
東京医大関連病院(一般内科)もしくは診療所での研修(1年間)

5.取得できる資格
 日本内科学会認定内科医など

6.処遇・待遇
 初期の3年間は後期研修医として月額20万円が支給されます。当直を行った場合は1回につき9,800円が支給されます。
 週1日(半日ずつであれば2日)の院外勤務が可能です。これに対する給与は勤務先から支給されます。
 健康保険、厚生年金、労災保険に加入します。

7.その他
 市中病院勤務医も専門医化が進んでいます。それに伴い、その境界領域や一般内科を得意とする医師の需要も高まりつつあります。総合内科医をいう専門職を養成するコースです。
 都心の大学の医療と連携しながら総合内科医目指します。


指導医につきましては、スタッフからのメッセージもご参照ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。



内科臓器別専門医養成コース

1.プログラムの概要
 内科系の臓器別専門医を目指したいがまだ進路が決定できない人、認定内科医を目指したいが経験した症例数が足りない人のためのコースです。
 当初の1年間で、日本内科学会・認定内科医を取得できるための研修を行います。2年目以降は、内科系の各診療科でも専門的な研修ができます。総合診療科に残って各プログラム移行することも可能です。

2.指導責任者:大滝純司(総合診療科教授)

3.主な指導者:平山陽示(総合診療科准教授),原田芳巳(総合診療科講師),小宮英明(総合診療科助教)

4.年度毎の研修内容
1年目
総合診療科(3ヶ月) 内科A(3ヶ月)* 内科B(3ヶ月)* 内科C(3ヶ月)*
*血液内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、アレルギー(喘息)内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、消化器内科、感染症科目(仮称)から選択。

2年目
各内科系臓器別診療科

3年目
各内科系臓器別診療科

5.取得できる資格
 日本内科学会認定内科医など

6.処遇・待遇
・初期の3年間は後期研修医として月額20万円が支給されます。当直を行った場合は1回につき9,800円が支給 されます。
・週1日(半日ずつであれば2日)の院外勤務が可能です。これに対する給与は勤務先から支給されます。
・健康保険、厚生年金、労災保険に加入します。

7.その他
 1年かけて、じっくり専門を決めるコースです。内科系に進みたいが、専門が決まらない人にお勧めです。


指導医につきましては、スタッフからのメッセージもご参照ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。


離島・遠隔地医療担当医養成コース


1.プログラムの概要
 離島・遠隔地医療に従事するには、きわめて幅広い病態・疾患に対する知識と経験に加えて、各種診断・治療手技、救急診療、地域保健、在宅医療・介護などに関する基本的な能力を取得しておく必要があります。そして、幾つかの異なる離島・遠隔地で実際に臨床研修を行うことにより、それぞれの地域の特性や環境を学び、それらに柔軟に対応することの重要性を学ぶことが望まれます。このコースでは、これらの能力を身に付けるために4年間の後期研修を行います。
 離島・遠隔地医療担当医に限定した認定医・専門医制度は、現在のところ存在しませんが、このコースを終えるまでに、日本内科学会の認定内科医や日本プライマリ・ケア学会の認定医を取得できるように支援します。また、後期研修修了後の早い時期に両学会の専門医を取得することを積極的に支援します。今後、プライマリ・ケア領域や離島・遠隔地医療関係の専門医制度が新たに設立される場合には、その取得も支援ます。
 後期研修の最初に、総合診療科で3ヶ月研修しますが、その期間の一部を利用して、離島・遠隔地の医療機関を見学します。また、2年目の終わり頃には、離島・遠隔地の医療機関にて指導医のもとで3ヶ月間程度の研修を行います。4年目には、優れた指導医のもとで離島・遠隔地の医療機関で仕上げの研修を行います。
 そのほかの期間は、後期研修ひとりひとりの希望と必要に応じて、当院の総合診療科や専門各科そして内視鏡センターなどにおける研修を選択できます。また、診療所など学外の医療機関での研修も取り入れることが可能です。総合診療科での研修期間には、週間スケジュールの一部を他科の外来研修に充てることもできます。離島・遠隔地の医療機関での研修と、このような大学病院を核とした選択肢の多い研修を交互に繰り返すことで、自分にあった、そして実際の離島・遠隔地医療に適した研修内容を作り上げていくとこが可能です。
 研修修了後に離島・遠隔地の医療機関に就職することを希望する場合には、その就職活動を支援します。離島・遠隔地に就職した後は、総合診療科が窓口になって、追加研修を含む様々な生涯学習、更には離島・遠隔地医療機関に学生や研修医を受け入れるための指導医研修や診療の応援なども含めて、継続的かつ多角的に連携する予定です。
 離島・遠隔地医療をはじめとする地域医療に役立つ、公衆衛生学的な能力を身に付けるために、研修途中で国内外の公衆衛生関係の大学院に進み、その課程を修了した後に再び研修することも可能です。離島・遠隔地で診療できる能力を身に付けてから基礎医学を含む各種領域の大学院に進み、研究活動をしながら、時々、離島・遠隔地医療機関に研修とアルバイトを兼ねて診療に行くという形で離島・遠隔地医療に関わることも支援します。

2.指導責任者:大滝純司(総合診療科教授)

3.主な指導者:平山陽示(総合診療科准教授),原田芳巳(総合診療科講師),小宮英明(総合診療科助教)

4.年度毎の研修内容
1年目
総合診療科(3ヶ月) 内科選択(3ヶ月) 小児科(6ヶ月)

2〜3年目
整形外科(3ヶ月) 内視鏡センター(3ヶ月) 放射線科(3ヶ月) 総合診療科
(2ヶ月)

離島・遠隔地医療機関
(3ヶ月)
総合診療科
(1ヶ月)
救急救命センター(4ヶ月) 選択(3ヶ月) 総合診療科
(2ヶ月)

4年目
離島・遠隔地医療機関(1年間)

5.取得できる資格
 日本内科学会認定内科医(専門医取得の準備)
 日本プライマリ・ケア学会認定医(専門医取得の準備)など

6.処遇・待遇
・初期の3年間は後期研修医として月額20万円が支給されます。当直を行った場合は1回につき9,800円が支給されます。
・週1日(半日ずつであれば2日)の院外勤務が可能です。これに対する給与は勤務先から支給されます。
・健康保険、厚生年金、労災保険に加入します。
・4年目以降の処遇に関しては、病院の規定に従います。

7.その他
 交通機関が発達している日本では、「僻地」と言っても、飛行機や新幹線を利用すれば東京から半日程度で行き来できるところが意外と多いのです僻地医療は、幅広くかつ柔軟な臨床能力と人間性を身につけた医師の能力を十分に発揮できる、やりがいのある現場です。その僻地医療に、都心にある大学と連携しながら入っていくことができるのが、このコースの特徴です。


指導医につきましては、スタッフからのメッセージもご参照ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。


臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。



国際医療協力人材支援養成コース


 国際保健医療協力分野における専門家の需要は年々増加しており、途上国現地からの要求内容も年々高度になっているため、質の高い国際保健医療専門家の数は恒常的に不足しています。国により行われる保健医療政策の中でも「国際医療協力」は厚生労働省により、「政策医療」の一つに定められています。
 本コースは、将来、国際医療協力に携わりたいと考えている人を支援するためのコースです。

1.プログラムの概要
 発展途上国における保健医療分野の国際貢献を希望している医師に対し、将来、国際医療協力隊の医師として参加する際に少しでも役立つように配置されたプログラムです。
 総合診療科での研修をベースに、救命救急センター、整形外科、臨床検査医学科、感染症科、へき地医療などを中心に研修します。それ以外の診療科も希望により短期間の研修が可能です。
 将来、例えば、国立国際医療センター国際医療協力局等が行う国際医療協力医師に採用されることを当面の目標とします。
 語学に関しては英検準1級、TOEIC640点以上、TOEFL500点以上(CTB173点以上)を目指します。

2.指導責任者:大滝純司(総合診療科教授)

3.主な指導者:平山陽示(総合診療科准教授),原田芳巳(総合診療科講師),小宮英明(総合診療科助教)


4.年度毎の研修内容
1年目
総合診療科(6ヶ月) 救命救急センター(3ヶ月) 運動器プライマリ(3ヶ月)

2年目
臨床検査医学科/感染症科(3ヶ月) 小児科(3ヶ月) 希望科(3ヶ月)

3年目
離島・遠隔地医療(6ヶ月) 国際医療人材養成研修など
(3ヶ月)
総合診療科(3ヶ月)
・週間スケジュールは基本的にラウンドしている診療科のスケジュールに従う。
・臨床検査医学科では主にAIDSに対する理解を深める。
・整形外科では外傷学を中心に、運動器プライマリ・ケアを修得する。
・3年目に、国立国際医療センターの実施する「国際医療人材養成研修」など、参加可能な各種研修に積極的に参加する。
・希望科を含め、研修期間についてはラウンド科と調整する。
・語学研修については現在検討中。

5.取得できる資格
 日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定内科専門医
 日本プライマリ・ケア学会専門医、日本プライマリ・ケア学会認定など

5.処遇・待遇
・初期の3年間は後期研修医として月額20万円が支給されます。当直を行った場合は1回につき9,800円が支給されます。
・週1日(半日ずつであれば2日)の院外勤務が可能です。これに対する給与は勤務先から支給されます。
・健康保険、厚生年金、労災保険に加入します。
・4年目以降の処遇に関しては、病院の規定に従います。


指導医につきましては、スタッフからのメッセージもご参照ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。


臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。


初期臨床研修プログラム


1.診療科紹介
 東京医科大学総合診療科は、平成17年度に設置された新しい部門であり、平成18年1月から外来診療を開始した。さらに、同年4月からは入院診療も開始した。
 総合診療科は、特定の病気や臓器に限らず幅広く診療する科である。原因のわからない発熱、倦怠感、体重減少、疲労感、健康相談、急性で軽症の内科系疾患を対象とする。丁寧な面接や診察と簡便な検査による、標準的で総合的な診療を心がけている。
 病院を受診する患者、個々のニーズに対応した基本的な医療を、専門分野と連携しながら提供できることが総合診療科の目標で、このような診療を担うことができる医療者を養成することも目指している。

2.研修目的と概要
 プライマリー・ケアを中心に、general に臨床医療一般に必要な能力を修得する。
  @患者の日常的な健康問題の大半に非選択的に対応する。
  A緊急性の高い疾患・病態の患者に対して一次救急的診療を行う。
  B頻度の高い慢性疾患・病態の患者に対して専門医と協力して継続的に診療する。
  C患者やその家族に対して、診察に必要な指導や説明をわかりやすく行う。
  D患者の身体面だけでなく心理・精神面にも常に配慮して診察する。
  E患者の生活・家族・地域・倫理など社会的な面にも常に配慮して診察する。
  F保健・予防からリハビリ・在宅ケア・福祉までを視野に入れて診療する。
  G各領域の専門医・医療職や保健・医療・福祉資源と連携して診療する。

3.指導体制
  @外来:面接と指導医の下での診察、治療方針の決定を行う。症例検討会やトピックス毎の勉強
       会でも指導する。
  A病棟:指導医、後期研修医、初期研修医がチームになり入院患者を受け持ち指導する。外来と
       同様に症例検討会やトピックス毎の勉強会でも指導する。

指導医につきましては、スタッフからのメッセージをご覧ください。
週間スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

臨床研修に関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。


週間スケジュール


8:00 当直(*)からの報告と
フィードバック
当直(*)からの報告と
フィードバック
当直(*)からの報告と
フィードバック
当直(*)からの報告と
フィードバック
当直(*)からの報告と
フィードバック
当直(*)からの報告と
フィードバック
8:30 外来または
病棟
外来または
病棟
外来または
病棟
外来または
病棟
外来または
病棟
外来または
病棟
12:00 ランチョン
セミナー
症例検討会
13:00 外来または
病棟
BSL
(医療面接)
隔週
外来または
病棟
外来または
病棟
外来または
病棟
16:00
17:00 勉強会 勉強会
17:30 病棟回診 病棟回診
18:00 医局会 院内研修会
*当直の翌日8:30以降は、簡単な病棟回診のみ




臨床研修に関するお問い合わせは・・・


問い合わせは、臨床研修に関する内容に限らせていただきます。

手紙の場合
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6−7−1 東京医科大学病院総合診療科 まで。

電話の場合
03−3342−6111(代表) まで。 「総合診療科医局」をお呼び出しください。

ファクシミリの場合
03−3349−6052  まで。

メールの場合
 ←こちらをクリックしてください。
   

Copyright:2006-2011 Tokyo Medical University Hospital All Rights Reserved.