担当科目

医学教育推進センターでは、下記の科目を担当しています。

 

第1学年

症候学入門

いくつかの症例について小グループに分かれ症例ベース(PBL)形式で学修する。グループによるディスカッション・発表に加え、バイタルサイン、医療面接や臨床推論に関するシミュレーション実習や模擬患者さんとのOSCEなど医師として必要な実践的な様々な能力が要求される。

早期臨床体験実習I

入学直後から、医学生としての基本的態度・姿勢を身につけ、患者さんの立場に立脚した全人的医療を行うのに必要な場面が経験できるよう、医療面接、ファーストエイド、医師とのシャドーイング、患者とのディスカッション、外来体験、患者・家族のエスコートなど多彩な病院実習やシミュレーションを通じて学ぶ。看護実習では、一人の看護師と行動を共にする。東京薬科大学薬学部や本学看護科の学生とのシミュレーション実習、ディベート、症例検討を通じて、チーム医療とは何か、多職種連携の重要さを知る。

 

第2学年

医療プロフェッショナリズムI

医師としてプロフェッショナルであることは、単に医療の技術が高いとか専門性が高いあるいは研究業績が多いというテクニカルなことだけではなく、礼儀・礼節を身に付け、倫理観、振る舞い、コミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップ、ストレス管理、状況認識力、意思決定力、態度、教育能力、グローバル化への対応、情報処理、能動的学修、生涯教育などノンテクニカルスキルが重要であることを学ぶ。医療におけるプロフェッショナリズムとは何かについて医学生として一人一人の深い考察が望まれる。

早期臨床体験実習II

現代の医療の中核となるチーム医療の必要性を、本院、茨城医療センター、八王子医療センターの、看護部、薬剤部、中央検査部、放射線部、栄養管理科、透析センター、外来化学療法センター、臨床工学部、感染症科、医療安全管理室、眼科検査、人工内耳センター、心臓リハビリテーションセンターなどでの見学・体験を通じて学ぶ。基礎医学の知識を駆使した症例ベースのシミュレーション演習を、第1学年時で行ったことを繰り返し復習し、実践することで、使えるようになることを学習する。

 

第3学年

医療プロフェッショナリズムII

2年生で学んだプロフェッショナリズムの基本を踏まえ、医療の現場でどうあるべきかという視点でプロフェッショナリズムを捉えていく。医療の現場で重要な、医療安全という観点にも力を入れます。医師になる段階が進むごとに、自分自身の医師としてのプロフェッショナリズムも徐々に変化していくことだろう。その時期、その時点で考え抜き自分なりに最善の答えを自分自身の行動に反映させることが目標といえる。

地域医療実習

詳細はこちら

臨床医学I(臨床入門)

臨床医学の導入として、各分野の講義を理解するために必要な事項をまとめたセッションである。臨床医学の講義で取り上げられる各種病態を理解するためには、診断学が不可欠である。診断学はどの分野においても必須の内容であり、その分野別の特色の強いものもある。そのような特色の強い内容については、各分野の講義で具体的な病態と関連付けながら学習するのが効果的である。これまでに基礎医学で学習してきた知識を思い起こし、臨床症例について「なぜだろう」と考えながら学習することで、知識を臨床に応用できる形で身につけられるようにしていく。

 

第4学年

臨床医学II(症候・病態からのアプローチ)

臨床各科で学んだ疾患についての知識を、症候からの視点で再整理すること、さらに、基礎で学んだ正常構造・機能を背景に、個々の症候の病態を明確にすることを目標とする。
PBL形式での講義では、小グループでの能動的な学習を行う。この「症候・病態からのアプローチ」という科目は、「臨床の知と基礎の思索を統合する場」である。従来のカリキュラムでは困難だった基礎科目と臨床科目の統合を、症候を軸にして行う。
また、内容は卒前、卒後の継ぎ目ない教育という視点から、つまり、卒後研修で求められる内容から設計されている。
この学習により、「実践的な臨床能力」、つまり、患者の訴えから問題点を抽出する力(アセスメント能力)、鑑別のための検査や治療方針を考える力(プランニング能力)を身につけ、この有機的・体系的な知識の整理があってこそ、来るべく臨床実習が有意義なものになる。

 

第5学年

地域医療実習

詳細はこちら

 

第6学年

臨床医学IV

病態生理から臨床医学、基礎と臨床の垂直統合をはかる。臓器別に講義を行い、疾患別の境界を取り除き、各臓器別の水平的考察による基礎・臨床・社会医学の知識を整理し、卒業試験、医師国家試験に臨むための知識の習得することを目的とする。