国家試験対策ワーキンググループ

座長:羽生 春夫 (高齢総合医学 主任教授)

 国家試験成績の改善を目的に、主に高学年を対象とした補講のプログラム作成、成績下位者への個別指導などを活動の中心としています。補講では、カリキュラムでカバーできないような画像所見の見方、臨床問題、必修問題への対応、社会医学系の集中講義を夏休みや冬休み期間中に行い、弱点の補強や全体のレベルアップにつなげています。一部の成績下位者に対しては定期的な個別面談を行い、国家試験に集中できるような生活指導を行っています。

活動報告

2012年3月30日 第6学年 国家試験対策スケジュール
東京医科大学医学教育推進センター