東京医科大学 外科第一講座トップマークお問い合わせアクセスマップサイトマップ東京医科大学HOMEへ
TOP > 研修医募集 > 研修医の方へ

研修医の方へ

東京医科大学外科学第一講座
主任教授 池田徳彦

写真 東京医科大学外科学第一講座は世界の肺癌診療・研究の最先端を走る講座です。
肺癌の診断と治療において我が国で有数の高い水準と症例数を誇り、あらゆる技術を隙間なく網羅するオールラウンドな組織であることに特長があると考えております。

 診療面では予防、早期発見から手術を中心とした集学的治療、内視鏡的レーザー治療、硬性鏡による気道狭窄の治療、化学療法、分子標的治療まで行います。
甲状腺外科部門も年々手術が増加し、今では日本有数の手術数を誇るまでに成長いたしました。

 研究面では遺伝子・蛋白解析による癌の質的評価、バイオマーカー、新しい診断・治療の開発、個別化治療などを中心テーマとし、基礎と臨床の融合により戦略的研究を継続しています。

 私たちは、指導力のあるスタッフと数多くの症例が経験できる教育病院を後期研修の柱として、優れた教育プログラムにより人材を育成していくことを教室の最重要課題と考えています。スタッフの大部分は留学経験者であり、現在も国際的な交流や共同研究を継続しています。世界に通用する高い臨床能力と広範な腫瘍医学の知識を有する外科医を育成することを目標としています。

 自由闊達な議論ができる開放的で明るい教室ですので、性別や出身校を問わず、一緒に良い仕事をしたいと熱望しております。

研修の様子