利益相反マネジメント

本学では、産学連携活動等において発生し得る利益相反の問題に関して、社会への説明責任を果たし、透明性を確保するとともに、職員が安心して産学連携活動等に取り組める環境を整備するため、利益相反マネジメントの実施にあたっています。

 ◆関連規程等

 ◆利益相反Q&A

 平成29年度利益相反定期自己申告を実施します。特に産学連携活動に関わる研究者の方は常勤・非常勤に拘らず、必ず定期申告してください。

申告期間:平成29年4月1日(土)~平成29年5月31日(水)

申告対象期間:平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

申 告 方 法:電子システムで受付

申告画面へ行く

初めてWEB申告する方は申告の流れと電子システムの利用手引(PDF 1MB)をご確認ください。

※学内LANにアクセスできない場合は下記申告用紙をダウンロードの上、入力・印刷後、署名(自筆)して大学総務課までご提出ください。

記入要領

定期自己申告用紙(本人用)

定期自己申告用紙(家族用)

研究に係る利益相反自己申告

厚生労働科学研究費等の公的研究費の申請等を行う際、厚生労働省又は配分機関より利益相反に係る報告を求められる場合は、必ず「研究に係る利益相反自己申告書」を提出してください。

記入例

研究に係る利益相反自己申告書(一次)

研究に係る利益相反自己申告書(二次・本人用)

研究に係る利益相反自己申告書(二次・家族用)

事務局(申告書類提出先)

〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1

東京医科大学 総務課(学校法人東京医科大学倫理委員会事務局)

TEL:03-3351-6141(内線262・203)

E-mail:d-somu@tokyo-med.ac.jp

ページトップ