博士課程 学位論文審査基準の公表

博士論文審査基準について

【審査対象】

審査の対象となる博士論文は、次に掲げるものとする。

※ 原著論文

※ 印刷公表されたもの(未公表のものは掲載証明を要する。)

※ 邦文論文の場合

英文の抄録があり、査読のある学協会誌(学会、研究会等が刊行する学術雑誌)に掲載されたもので、論文筆頭者であるもの

※ 欧文論文の場合

査読のある定期刊行雑誌に掲載のもので、論文筆頭者であるもの。ただし、第2著者が第1著者と同等の貢献をしたと認められる論文の場合は、申請前に研究科委員会で審査するものとする。

【研究報告の評価】

1.研究テーマの背景・目的を十分に理解し、かつ、明確に説明できること。

2.研究方法をよく理解し、わかりやすく説明できること。

3.研究結果を論理的に考察し、科学的に結論に結び付けることができること。

【研究への主体的な取り組み・高い研究者としての自立】

4.当該研究に自ら計画し、主体的に取り組んだか。

5.専攻分野・関連領域に関する十分な知識を有すること。

6.論理的に思考し、質疑応答に対応する能力があること。

【研究実施における論理的配慮】

倫理的配慮がなされていること(①研究計画の立案および遂行、研究成果の発表ならびにデータの保管に関して、適切な倫理的配慮がなされていること②学内の倫理規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること)。

【掲載誌】

掲載誌がIF2.0以上の英文誌である場合には評価点はA、IF2.0未満の英文誌の場合にはB

 

上記それぞれについてABCDの4段階評価とし、総合判定がDの場合は不合格とする。

ページトップ